Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

8.2. パフォーマンスの問題の監視と診断

Red Hat Enterprise Linux 7 ではシステムパフォーマンスの監視、I/O およびファイルシステムやその設定に関連するパフォーマンスの問題の診断を行う際に便利なツールがいくつか用意されています。このセクションではこうしたツールの概要、および I/O およびファイルシステム関連のパフォーマンス問題を監視、診断する方法を例を使って説明していきます。

8.2.1. vmstat を使ったシステムパフォーマンスの監視

vmstat はシステム全体のプロセス、メモリー、ページング、ブロック I/O、割り込み、CPU アクティビティーについて報告を行います。管理者はこのツールを使用することで、パフォーマンスの問題が I/O サブシステムによるものかを判断しやすくなります。
I/O パフォーマンスに最も関連する情報は以下のコラムです。
Si
スワップ(または swap 領域から読み取り)を KB 単位で読み取ります。
so
スワップ領域(KB 単位)をスワップアウトまたは書き込みします。
bi
ブロック内の書き込み操作(KB 単位)
bo
KB 単位の読み取り操作をブロックしたり、ブロックします。
Wa
I/O 操作が完了するまで待機するキューの一部。
swap 領域とデータが同じデバイスにある場合、スワップインとスワップアウトはメモリー使用量の目安として特に役立ちます。
また、free、buff、cache の各コラムはライトバック頻度を確認する際に役立ちます。cache の値が突然下がって free の値が増えるような場合、ライトバックとページのキャッシュの無効化が始まったことを指しています。
vmstat での分析で I/O サブシステムがパフォーマンスの低下に関連していることが示されている場合は iostat を使ってその I/O デバイスを確定することができます。
vmstatprocps-ng パッケージで提供されます。vmstat の使い方については man ページをご覧ください。
$ man vmstat