2.14. pqos

intel-cmt-cat パッケージから使用できる pqos ユーティリティーを使用すると、最近の Intel プロセッサーでの CPU キャッシュとメモリーの帯域幅を監視および管理することができます。これは、ワークロードの分離や、マルチテナントデプロイメントでのパフォーマンス決定の向上に使用することができます。
リソースディレクターテクノロジー (RDT) 機能セットから以下のプロセッサー機能を公開します。
監視
  • キャッシュ監視テクノロジー (CMT) を使用したラストレベルキャッシュ (LLC) の使用および競合監視。
  • メモリー帯域監視 (MBM) テクノロジーを使用したスレッドごとのメモリー帯域監視。
割り当て
  • キャッシュ割り当てテクノロジー (CAT) を使用した特定のスレッドおよびプロセスに使用できる LLC 領域サイズの制御。
  • コードおよびデータ優先度 (CDP) テクノロジーを使用した LLC でのコードおよび配置の制御。
以下のコマンドを使用して、システムでサポートされる RDT 機能をリストし、現在の RDT 設定を表示します。
# pqos --show --verbose

関連資料


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。