Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

7.5.3. カーネルパラメーター

/proc/sys/kernel/ ディレクトリーにある以下のパラメーターのデフォルト値は、利用可能なシステムリソースに応じて起動時にカーネルによって計算されます。
msgmax
メッセージキュー内の 1 メッセージの最大許容サイズをバイト単位で定義します。この値は、キューのサイズ (msgmnb) を超えることはできません。システムの現在の msgmax 値を確認するには、以下のコマンドを使用します。
# sysctl kernel.msgmax
msgmnb
単一のメッセージキューの最大サイズをバイト単位で定義します。システムの現在の msgmnb 値を確認するには、以下のコマンドを使用します。
# sysctl kernel.msgmnb
msgmni
メッセージキュー識別子の最大数 (つまりキューの最大数) を定義します。システムの現在の msgmni 値を確認するには、以下のコマンドを使用します。
# sysctl kernel.msgmni
shmall
一度にシステムで使用できる共有メモリーページの合計量を定義します。ちなみに、AMD64 および Intel 64 アーキテクチャーでは 1 ページは 4096 バイトに相当します。
システムの現在の shmall 値を確認するには、以下のコマンドを使用します。
# sysctl kernel.shmall
shmmax
カーネルで許容される 1 共有メモリーセグメントの最大サイズをバイト単位で定義します。システムの現在の shmmax 値を確認するには、以下のコマンドを使用します。
# sysctl kernel.shmmax
shmmni
システム全体の共有メモリーセグメントの最大数を定義します。いずれのシステムでもデフォルト値は 4096 です。
threads-max
システム全体でカーネルが一度に使用できるスレッドの最大数を定義します。システムの現在の threads-max 値を確認するには、以下のコマンドを使用します。
# sysctl kernel.threads-max
デフォルト値は、以下の式で算出されます。
mempages / (8 * THREAD_SIZE / PAGE SIZE )
最小値は 20 です。