Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

8.4.2. デフォルト I/O スケジューラーの設定

デフォルトの I/O スケジューラーとは、デバイスで他のスケジューラーを明示的に指定しなかった場合に使用されるスケジューラーです。
デフォルトのスケジューラーを指定しない場合、SATA ドライブでは cfq スケジューラーが使用され、その他すべてのドライブでは deadline スケジューラーが使用されます。このセクションで説明する手順に従ってデフォルトのスケジューラーを指定した場合には、そのデフォルトスケジューラーがすべてのデバイスに適用されます。
デフォルトの I/O スケジューラーは、Tuned ツールを使用するか、手動で /etc/default/grub ファイルを変更して設定することができます。
起動しているシステムのデフォルト I/O スケジューラーを指定する場合は、Tuned ツールの使用を推奨します。elevator パラメーターを設定するには、disk プラグインを有効にします。ディスク プラグインの詳細は、『Tuned』 の章の 「プラグイン」 を参照してください。
GRUB 2 を使用してデフォルトのスケジューラーを修正するには、起動時またはシステムが起動している時に、カーネルコマンドラインに elevator パラメーターを追加します。手順8.1「GRUB 2 を使用したデフォルト I/O スケジューラーの設定」 で説明されているように、Tuned ツールを使用するか、/etc/default/grub ファイルを手動で変更できます。

手順8.1 GRUB 2 を使用したデフォルト I/O スケジューラーの設定

起動しているシステムのデフォルト I/O スケジューラーを設定し、再起動後も設定を維持するには、以下の手順を実施します。
  1. /etc/default/grub ファイルの GRUB_CMDLINE_LINUX 行に、elevator パラメーターを追加します。
    # cat /etc/default/grub
    ...
    GRUB_CMDLINE_LINUX="crashkernel=auto rd.lvm.lv=vg00/lvroot rd.lvm.lv=vg00/lvswap elevator=noop"
    ...
    
    Red Hat Enterprise Linux 7 で使用可能なスケジューラーは、deadlinenoop、および cfq です。詳細については、お使いのカーネルのドキュメントに含まれている cfq-iosched.txt および deadline-iosched.txt ファイルを参照してください。これらは kernel-doc パッケージのインストールにより利用することができます。
  2. 追加した elevator パラメーターを含む新しい設定ファイルを作成します。
    BIOS ファームウェアを使用しているシステムと UEFI ファームウェアを使用しているシステムとでは、GRUB 2 設定ファイルの場所が異なります。以下のコマンドのいずれかを使用して、GRUB 2 設定ファイルを再作成します。
    • BIOS ファームウェアを使用している場合は、以下のコマンドを使用します。
      # grub2-mkconfig -o /etc/grub2.cfg
    • UEFI ファームウェアを使用している場合は、以下のコマンドを使用します。
      # grub2-mkconfig -o /etc/grub2-efi.cfg
  3. システムを再起動して、変更を有効にします。
    GNU GRand Unified Bootloader バージョン 2 (GRUB 2) の詳細な情報については、『Red Hat Enterprise Linux 7 システム管理者のガイド』の「GRUB 2 について」セクションを参照してください。