Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

9.3.3. 割り込みキューの設定

分析でレイテンシーが高いと、割り込みベースのパケット受信ではなく、ポーリングベースでメリットが得られます。

9.3.3.1. ビジーポーリングの設定

ビジーポーリングはソケット層のコードにネットワークデバイスの受信キューをポーリングさせ、ネットワークの割り込みは無効にすることでネットワーク受信パス内の待ち時間を低減します。これにより、割り込みおよび結果として生じるコンテキストスイッチによって生じる遅延が削除されます。ただし、CPU 使用率も増加します。ビジーポーリングは、CPU がスリープ状態にならないようにします。これにより、追加の電力消費が発生する可能性があります。
ビジーポーリングはデフォルトでは無効になっています。以下の手順で特定のソケットでのビジーポーリングを有効にします。
  • sysctl.net.core.busy_poll0 以外の値に設定します。このパラメーターはソケットのポーリングと選択用デバイスキューでパケットを待機する時間を管理します (マイクロ秒単位)。Red Hat は、50 の値を推奨します。
  • SO_BUSY_POLL ソケットオプションをソケットに追加します。
グローバルにポーリングを有効にする場合は sysctl.net.core.busy_read のパラメーターも 0 以外の値に設定する必要があります。このパラメーターはソケットの読み取り用デバイスキューでパケットを待機する時間を管理します (マイクロ秒単位)。また、SO_BUSY_POLL オプションのデフォルト値も設定します。Red Hat ではソケット数が少ない場合は 50、ソケット数が多い場合は 100 の設定を推奨しています。ソケット数が非常に多くなる場合は (数百以上) 代わりに epoll を使用します。
ビジーポーリング動作は次のドライバーで対応しています。また、Red Hat Enterprise Linux 7 でも対応のドライバーになります。
  • bnx2x
  • be2net
  • ixgbe
  • mlx4
  • myri10ge
Red Hat Enterprise Linux 7.1 からは次のコマンドを実行するとデバイスかビジーポーリングに対応するどうかをチェックすることもできるようになります。
# ethtool -k device | grep "busy-poll"
上記のコマンドを実行して busy-poll: on [fixed] が返された場合はそのデバイスでビジーポーリングを使用することができます。