4.4. Tuna を使用したタスクのチューニング

スレッドのポリシーおよび優先度の情報を変更するには、--priority パラメーターを使用します。
# tuna --threads=pid_or_cmd_list --priority=[policy:]rt_priority
  • pid_or_cmd_list 引数は、PID またはコマンド名パターンのコンマ区切りリストです。
  • ラウンドロビン形式の場合は、policyRR に設定します。先入れ先出しの場合は FIFO、デフォルトのポリシーの場合は OTHER に設定します。
    スケジューリングポリシーの概要は、「スケジューリングポリシーの調整」 を参照してください。
  • rt_priority を 1 から 99 までの範囲で設定します。1 の優先度が最も低くなり、99 の優先度が最も高くなります。
例を示します。
# tuna --threads=7861 --priority=RR:40
設定した変更を確認するには、--priority パラメーターの変更前と後に --show_threads パラメーターを使用します。
# tuna --threads=sshd --show_threads --priority=RR:40 --show_threads

                      thread       ctxt_switches
    pid SCHED_ rtpri affinity voluntary nonvoluntary             cmd 
  1034   OTHER     0  0,1,2,3        12           17            sshd  
                      thread       ctxt_switches
    pid SCHED_ rtpri affinity voluntary nonvoluntary             cmd 
  1034      RR    40  0,1,2,3        12           17            sshd
これで、変更の前後に、選択したスレッドの状態を比較することができます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。