4.2. Tuna を使用した CPU のチューニング

Tuna コマンドは個別の CPU を対象にすることができます。システム上の CPU をリストするには、Tuna GUI の Monitoring タブを確認するか、/proc/cpuinfo ファイルの詳細情報を確認します。
コマンドの影響を受ける CPU のリストを指定するには、以下を使用します。
# tuna --cpus=cpu_list --command
CPU を分離すると、その CPU 上で現在実行しているすべてのタスクが次に利用可能な CPU に移動します。CPU を分離するには、以下を実行します。
# tuna --cpus=cpu_list --isolate
CPU を含めると、指定の CPU でスレッドを実行することができます。CPU を含めるには、以下を実行します。
# tuna --cpus=cpu_list --include
cpu_list は CPU 番号のコンマ区切りリストです (例: --cpus=0,2)。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。