Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

5.2.4. pmlogger でのパフォーマンスデータのロギング

PCP を使用すると、後で再生できるパフォーマンスメトリック値をログに記録することができ、回顧的なパフォーマンス分析に使用できます。pmlogger ツールを使用してシステム上で選択したメトリックのアーカイブされたログを作成します。
pmlogger を使用すると、システム上で記録するメトリックと記録する頻度を指定することができます。デフォルトの pmlogger 設定ファイルは /var/lib/pcp/config/pmlogger/config.default です。設定ファイルでは、プライマリーのロギングインスタンスによって記録されるメトリックを指定します。
pmlogger でローカルマシンのメトリック値をログに記録するには、プライマリーロギングインスタンスを開始します。
# systemctl start pmlogger.service
# systemctl enable pmlogger.service
pmlogger が有効でデフォルトの設定ファイルが設定されている場合、pmlogger の行が PCP 設定に含まれます。
# pcp

Performance Co-Pilot configuration on workstation:

platform: Linux workstation 3.10.0-123.20.1.el7.x86_64 #1 SMP Thu Jan
[...]
pmlogger: primary logger:/var/log/pcp/pmlogger/workstation/20160820.10.15

pmlogconf での pmlogger 設定ファイルの編集

pmlogger サービスが実行されているとき、PCP はホスト上でメトリックのデフォルトセットをログに記録します。pmlogconf ユーティリティーを使用してデフォルト設定をチェックし、必要の応じて XFS ロギンググループを有効にすることができます。有効にする重要な XFS グループには、XFS informationXFS data、および log I/O traffic グループが含まれます。
pmlogconf のプロンプトの従って、関連するパフォーマンスメトリックのグループを有効または無効にし、有効な各グループのログ間隔を制御します。グループを選択するには、プロンプトの応答として y (yes) または n (no) を押します。pmlogconf で汎用 PCP アーカイブのロガー設定を作成または編集するには、以下を入力します。
# pmlogconf -r /var/lib/pcp/config/pmlogger/config.default

pmlogger 設定ファイルの手動編集

pmlogger 設定ファイルを手動編集し、一定の間隔の特定のメトリックを追加すると、必要に合ったロギング設定を作成することができます。

例5.4 pmlogger 設定ファイルと XFS メトリック

以下の例は、特定の XFS メトリックが追加された pmlogger config.default ファイルの抜粋を示しています。
# It is safe to make additions from here on ...
#

log mandatory on every 5 seconds {
    xfs.write
    xfs.write_bytes
    xfs.read
    xfs.read_bytes
}

log mandatory on every 10 seconds {
    xfs.allocs
    xfs.block_map
    xfs.transactions
    xfs.log

}

[access]
disallow * : all;
allow localhost : enquire;

PCP ログアーカイブの再生

メトリックデータの記録後、以下の方法でシステムの PCP ログアーカイブを再生できます。
  • pmdumptextpmrep、または pmlogsummary などの PCP ユーティリティーを使用して、ログをテキストファイルにエクスポートし、スプレッドシートにインポートします。
  • PCP Charts アプリケーションのデータを再生し、システムの現在のデータとともに、グラフを使って回顧的なデータを可視化します。「PCP Charts での視覚追跡」 を参照してください。
pmdumptext ツールを使用してログファイルを表示できます。pmdumptext を使うと、選択した PCP ログアーカイブを解析し、値を ASCII テーブルにエクスポートできます。pmdumptext ツールを使用すると、アーカイブログ全体をダンプすることができ、コマンドラインでメトリックを指定してログから選択したメトリックの値のみをダンプすることもできます。

例5.5 特定の XFS メトリックログ情報の表示

たとえば、アーカイブに収集された xfs.perdev.log メトリックのデータを 5 秒間隔で表示し、すべてのヘッダーを表示する場合は以下を実行します。
$ pmdumptext -t 5seconds -H -a 20170605 xfs.perdev.log.writes

Time local::xfs.perdev.log.writes["/dev/mapper/fedora-home"] local::xfs.perdev.log.writes["/dev/mapper/fedora-root"]
? 0.000 0.000
none count / second count / second
Mon Jun 5 12:28:45 ? ?
Mon Jun 5 12:28:50 0.000 0.000
Mon Jun 5 12:28:55 0.200 0.200
Mon Jun 5 12:29:00 6.800 1.000
詳細は、pcp-doc パッケージで利用できる pmdumptext(1) の man ページを参照してください。