4.5. Tuna の使用例

例4.1 特定 CPU へのタスク割り当て

以下の例では、4 つ以上のプロセッサーを持つシステムを使用しています。すべての ssh スレッドを CPU 0 および 1 で実行し、すべての http スレッドを CPU 2 および 3 で実行する方法を示しています。
# tuna --cpus=0,1 --threads=ssh\* --move --cpus=2,3 --threads=http\* --move
上記のコマンド例は、以下の操作を順番に実行します。
  1. CPU 0 および 1 を選択します。
  2. ssh で始まるすべてのスレッドを選択します。
  3. 選択したスレッドを選択した CPU に移動します。Tuna は ssh で始まるスレッドのアフィニティーマスクを適切な CPU に設定します。CPU は、数字 (0 と 1)、16 進法マスク (0x3)、またはバイナリー (11) で表すことができます。
  4. CPU リストを 2 および 3 にリセットします。
  5. http で始まるすべてのスレッドを選択します。
  6. 選択したスレッドを選択した CPU に移動します。Tuna は http で始まるスレッドのアフィニティーマスクを適切な CPU に設定します。CPU は、数字 (2 と 3)、16 進法マスク (0xC)、またはバイナリー (1100) で表すことができます。

例4.2 現行設定の表示

以下の例は、--show_threads (-P) パラメーターを使用して現行の設定を表示し、要求した変更が想定どおりに行われたことをテストします。
# tuna --threads=gnome-sc\* \
        --show_threads \
        --cpus=0 \
        --move \
        --show_threads \
        --cpus=1 \
        --move \
        --show_threads \
        --cpus=+0 \
        --move \
        --show_threads

                       thread       ctxt_switches
     pid SCHED_ rtpri affinity voluntary nonvoluntary             cmd
   3861   OTHER     0      0,1     33997           58 gnome-screensav
                       thread       ctxt_switches
     pid SCHED_ rtpri affinity voluntary nonvoluntary             cmd
   3861   OTHER     0        0     33997           58 gnome-screensav
                       thread       ctxt_switches
     pid SCHED_ rtpri affinity voluntary nonvoluntary             cmd
   3861   OTHER     0        1     33997           58 gnome-screensav
                       thread       ctxt_switches
     pid SCHED_ rtpri affinity voluntary nonvoluntary             cmd
   3861   OTHER     0      0,1     33997           58 gnome-screensav
上記のコマンド例は、以下の操作を順番に実行します。
  1. gnome-sc で始まるすべてのスレッドを選択します。
  2. 選択したスレッドを表示し、ユーザーがアフィニティーマスクと RT の優先度を確認できるようにします。
  3. CPU 0 を選択します。
  4. gnome-sc スレッドを選択した CPU (CPU 0) に移動します。
  5. 移動の結果を表示します。
  6. CPU リストを 1 にリセットします。
  7. gnome-sc スレッドを選択した CPU (CPU 1) に移動します。
  8. 移動の結果を表示します。
  9. CPU 0 を CPU リストに追加します。
  10. gnome-sc スレッドを選択した CPU (CPU 0 および 1) に移動します。
  11. 移動の結果を表示します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。