第4章 Tuna

Tuna ツールを使用すると、スケジューラーのチューニング可能機能、チューニングスレッドの優先度、および IRQ ハンドラーを調整し、CPU コアおよびソケットを分離できます。Tuna はチューニングタスクの実行の複雑さを解消するのが目的で使用されます。
tuna パッケージのインストール後、引数なしで tuna コマンドを使用して、Tuna グラフィカルユーザーインターフェース (GUI) を起動します。tuna -h コマンドを使用して、使用できるコマンドラインインターフェース (CLI) のオプションを表示します。tuna(8) の man ページでは、アクションと修飾子が区別されることに注意してください。
Tuna GUI および CLI は、同等の機能を提供します。GUI は、問題を特定しやすくするために、1 つの画面に CPU トポロジーを表示します。Tuna GUI では、実行中のスレッドを変更することができ、変更の結果を即座に確認することができます。CLI では、Tuna は複数のコマンドラインパラメーターを使用でき、これらのパラメーターを順番に処理します。これらのコマンドは、設定コマンドとしてアプリケーションの初期スクリプトで使用することができます。
The Monitoring tab of the Tuna GUI
Tuna GUI の監視タブ

重要

tuna --save=filename コマンドと記述ファイル名を使用して、現在の設定を保存します。このコマンドは、Tuna が変更できるすべてのオプションを保存せず、カーネルスレッドの変更のみを保存します。変更時に実行されていないプロセスは保存されません。

4.1. Tuna を使用したシステムの確認

変更を行う前に、Tuna を使用してシステムの現在の状況を表示することができます。
現在のポリシーと優先度を表示するには、tuna --show_threads コマンドを使用します。
# tuna --show_threads
		    thread
pid   SCHED_ rtpri affinity             cmd
1      OTHER     0      0,1            init
2       FIFO    99        0     migration/0
3      OTHER     0        0     ksoftirqd/0
4       FIFO    99        0      watchdog/0
PID に対応する特定のスレッドや一致するコマンド名のみを表示するには、--show_threads の前に --threads オプションを追加します
# tuna --threads=pid_or_cmd_list --show_threads
pid_or_cmd_list 引数は、PID またはコマンド名パターンのコンマ区切りリストです。
現在の割り込み要求 (IRQ) とそれらのアフィニティーを表示するには、tuna --show_irqs コマンドを使用します。
# tuna --show_irqs
# users            affinity
0 timer                   0
1 i8042                   0
7 parport0                0
IRQ 番号に対応する特定の割り込みリクエストや一致する IRQ ユーザー名のみを表示する場合は、--show_irqs の前に --irqs オプションを追加します。
# tuna --irqs=number_or_user_list --show_irqs
number_or_user_list 引数は、IRQ 番号またはユーザー名パターンのコンマ区切りリストです。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。