Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第3章 Tuned

3.1. Tuned の概要

Tuned は、udev を使用して接続されたデバイスを監視し、選択されたプロファイルに従ってシステム設定を静的および動的にチューニングするデーモンです。Tuned は、高スループット、低レイテンシー、省電力などの一般的なユースケース向けの複数の定義済みプロファイルとともに配布されます。各プロファイル向けに定義されたルールを変更し、特定のデバイスのチューニング方法をカスタマイズできます。特定のプロファイルで行われたシステム設定のすべての変更を元に戻すには、別のプロファイルに切り替えるか、tuned サービスを非アクティブ化します。
注記
Red Hat Enterprise Linux 7.2 以降では、Tunedno-daemon mode で実行できます (常駐メモリーをまったく必要としません)。このモードでは、tuned は設定を適用し、終了します。このモードでは、D-Bus サポート、ホットプラグサポート、または設定のロールバックサポートを含むたくさんの tuned 機能が使用できないため、no-daemon mode はデフォルで無効になります。no-daemon mode を有効にするには、/etc/tuned/tuned-main.conf ファイルで daemon = 0 を設定します。
静的チューニングは主に、事前定義された sysctl 設定および sysfs 設定の適用と ethtool などの複数の設定ツールのワンショットアクティベーションから構成されます。また、Tuned はシステムコンポーネントの使用を監視し、その監視情報に基いてシステム設定を動的にチューニングします。
動的なチューニングでは、所定のシステムの稼働時間中に各種システムコンポーネントを異なる方法で使用する方法が考慮されます。たとえば、ハードドライブは起動時およびログイン時に頻繁に使用されますが、Web ブラウザーや電子メールクライアントなどのアプリケーションをユーザーが主に使用する場合はほとんど使用されません。同様に、CPU とネットワークデバイスは、異なるタイミングで使用されます。Tuned は、これらのコンポーネントのアクティビティーを監視し、その使用の変化に反応します。
実際の例として、一般的なオフィスワークステーションを考えます。通常、イーサネットのネットワークインターフェースはほとんど使用されず、ほんの数件の電子メールがたまに送受信されるか、Web ページが数ページロードされる程度だとします。このような負荷の場合、ネットワークインターフェースはデフォルト設定のように常に最高速度で動作する必要はありません。Tuned には、ネットワークデバイスを監視してチューニングを行うプラグインがあり、ネットワークインターフェースの利用率が低くなると、それを検出して自動的にそのインターフェースの速度を低下させて電力の使用を削減することができます。DVD イメージをダウンロードしているとき、または大きな添付ファイル付きの電子メールが開いているときなど、インターフェースのアクティビティーが長期間にわたって増加した場合は、tuned がこれを検出し、アクティビティーレベルが高い間にインターフェースの速度を最大に設定します。この原則は、CPU およびハードディスクの他のプラグインにも使用されます。
動的チューニングは Red Hat Enterprise Linux ではグローバルで無効であり、/etc/tuned/tuned-main.conf ファイルを編集し、dynamic_tuning フラグを 1 に変更することによって有効にできます。

3.1.1. プラグイン

Tuned は、2 種類のプラグインを使用します。モニタリングプラグインチューニングプラグイン です。モニタリングプラグインは、稼働中のシステムから情報を取得するために使用されます。現在、以下の監視プラグインが実装されています。
disk
デバイスおよび測定間隔ごとのディスク負荷 (IO 操作の数) を取得します。
net
ネットワークカードおよび測定間隔ごとのネットワーク負荷 (転送済みパケットの数) を取得します。
load
CPU および測定間隔ごとの CPU 負荷を取得します。
監視プラグインの出力は、動的チューニング向けチューニングプラグインによって使用できます。現在実装されている動的チューニングアルゴリズムは、パフォーマンスと省電力のバランスを取ろうとし、パフォーマンスプロファイルで無効になります (個別プラグインの動的チューニングは tuned プロファイルで有効または無効にできます)。監視プラグインは、有効ないずれかのチューニングプラグインでメトリクスが必要な場合に必ず自動的にインスタンス化されます。2 つのチューニングプラグインで同じデータが必要な場合は、監視プラグインのインスタンスが 1 つだけ作成され、データが共有されます。
各チューニングプラグインにより、個別サブシステムがチューニングされ、tuned プロファイルから入力される複数のパラメーターが取得されます。各サブシステムには、チューニングプラグインの個別インスタンスで処理される複数のデバイス (複数の CPU やネットワークカードなど) を含めることができます。また、個別デバイスの特定の設定もサポートされます。指定されるプロファイルはワイルドカードを使用して、個々のサブシステムのすべてのデバイスを一致させます(これを変更する方法については、「カスタムプロファイル」を参照します)。これにより、プラグインは必要な目的(選択したプロファイル)やユーザーが正しい 調整された プロファイルを選択する場合にのみこれらのサブシステムをチューニングできます。
現時点では、以下のチューニングプラグインが実装されています (動的チューニングはこれらの一部のプラグインのみで実装され、プラグインでサポートされたパラメーターもリストされます)。
cpu
CPU ガバナーを、governor パラメーターで指定された値に設定し、CPU 負荷に応じて PM QoS CPU DMA レイテンシーを動的に変更します。CPU 負荷が load_threshold パラメーターで指定された値よりも小さい場合、レイテンシーは latency_high パラメーターで指定された値に設定されます。それ以外の場合は、latency_low で指定された値に設定されます。レイテンシーを特定の値に強制し、さらに動的に変更しないようにすることもできます。これは、force_latency パラメーターを必要なレイテンシー値に設定することにより実現できます。
eeepc_she
CPU 負荷に応じて FSB 速度を動的に設定します。この機能は一部のネットブックで利用でき、Asus Super buf Engine としても知られています。CPU 負荷が load_threshold_powersave パラメーターで指定した値と同じかそれ未満の場合、プラグインは、she_powersave パラメーターで指定した値に FSB の速度を設定します (FSB の頻度および対応する値の詳細は、カーネルのドキュメントを参照してください、提供されるデフォルト値はほとんどのユーザーに対して機能するはずです)。CPU 負荷が load_threshold_normal パラメーターで指定した値と同じかそれより大きくなれば、FSB 速度が she_normal パラメーターによって指定された値に設定されます。静的チューニングはサポートされず、プラグインは透過的に無効になります (この機能のハードウェアサポートが検出されない場合)
net
wake-on-lan を wake_on_lan パラメーターで指定された値に設定します (ethtool ユーティリティーと同じ構文を使用します)。また、インターフェースの使用状況に応じてインターフェース速度が動的に変更します。
sysctl
プラグインパラメーターで指定されたさまざまな sysctl 設定を指定します。構文は name=value となります。ここで、namesysctl ツールにより提供されたものと同じ名前になります。このプラグインは、他のプラグインで指定できない設定を変更する必要がある場合に使用します (ただし、設定を特定のプラグインで指定できる場合は、そのプラグインを使用することが推奨されます)。
usb
USB デバイスの autosuspend タイムアウトを、autosuspend パラメーターで指定した値に設定します。値が 0 の場合は、autosuspend が無効になります。
vm
transparent_hugepages パラメーターのブール値に応じて Transparent Huge Page を有効または無効にします。
audio
音声コーデックの autosuspend タイムアウトを timeout パラメーターで指定された値に設定します。現時点では、snd_hda_intelsnd_ac97_codec がサポートされてます。値が 0 の場合は、autosuspend が無効になります。また、ブール値パラメーター reset_controllertrue に設定することにより、コントローラーを強制的にリセットすることもできます。
disk
エレベーターを elevator パラメーターで指定された値に設定します。また、ALPM を alpm パラメーターで指定された値に設定し、ASPM は aspm パラメーターで指定された値、スケジューラークォンタムは scheduler_quantum パラメーターで指定された値、ディスクスピンダウンのタイムアウトを spindown パラメーターで指定された値に対して設定します。readahead パラメーターで指定された値までディスク先読み読み出し、readahead_multiply パラメーターで指定された定数によって現在のディスク読み取り先の値を乗算できます。さらに、このプラグインにより、現在のドライブ使用状況に応じてドライブの高度な電力管理設定と spindown タイムアウト設定が動的に変更されます。動的チューニングは、ブール値パラメーター dynamic により制御でき、デフォルトで有効になります。
注記
異なるディスクの readahead 値を指定する tuned プロファイルを適用すると、ディスク先読みの値の設定が udev ルールを使用して設定されている場合は、ディスク先読み値の設定が上書きされます。Red Hat では、tuned ツールを使用してディスク先読み値を調整することを推奨します。
mounts
disable_barriers パラメーターのブール値に応じてマウントのバリアを有効または無効にします。
script
このプラグインは、プロファイルがロードまたはアンロードされたときに実行する外部スクリプトの実行に使用されます。スクリプトは、start または stop のいずれかの引数 (スクリプトがプロファイルのロード時またはアンロード時に呼び出されるかによって決まります) によって呼び出されます。スクリプトファイル名は、script パラメーターによって指定できます。スクリプトで停止アクションを正しく実装し、変更したすべての設定を起動アクション中に元に戻す必要がああることに注意してください。ユーザーの利便性のために、functions Bash ヘルパースクリプトがデフォルトでインストールされ、スクリプトで定義されたさまざまな機能をインポートして使用できます。この機能は、主に後方互換性を維持するために提供されます。この機能は最終手段として使用し、必要な設定を指定できる他のプラグインが存在する場合は、そのプラグインを使用することが推奨されます。
sysfs
プラグインパラメーターで指定されたさまざまな sysfs 設定を指定します。構文は name=value となります。ここで、name は、使用する sysfs パスです。このプラグインは、他のプラグインで指定できない設定を変更する必要がある場合に使用します (設定を特定のプラグインで指定できる場合は、そのプラグインを使用することが推奨されます)。
video
ビデオカードのさまざまな省電力レベルを設定します (現時点では、Radeon カードのみがサポートされます)。省電力レベルは radeon_powersave パラメーターを使用して指定できます。サポートされる値は defaultautolowmidhigh、および dynpm です。詳細については、http://www.x.org/wiki/RadeonFeature#KMS_Power_Management_Options を参照してください。このプラグインは試験目的で提供され、今後のリリースで変更されることがあることに注意してください。
bootloader
カーネルブートコマンドラインにパラメーターを追加します。このプラグインは、レガシー GRUB 1 および GRUB 2 をサポートし、さらに Extensible Firmware Interface (EFI) を使用する GRUB をサポートします。grub2_cfg_file オプションを使用すると、grub2 設定ファイルのカスタマイズされた標準的でない場所を指定できます。これらのパラメーターは、現在の grub 設定とそのテンプレートに追加されます。カーネルパラメーターを有効にするには、マシンを再起動する必要があります。
パラメーターは次の構文で指定できます。
	cmdline=arg1 arg2 ... argn.

3.1.2. インストールと使用方法

tuned パッケージをインストールするには、root で以下のコマンドを実行します。
yum install tuned
tuned パッケージのインストールでは、お使いのシステムに最適なプロファイルも事前に設定されます。現時点では、以下のカスタマイズ可能なルールに従ってデフォルトのプロファイルが選択されます。
throughput-performance
これは、コンピューターノードとして動作する Red Hat Enterprise Linux 7 オペレーティングシステムで事前に選択されます。このようなシステムの目的は、スループットパフォーマンスの最大化です。
virtual-guest
これは、仮想マシンで事前に選択されます。この目的はパフォーマンスの最大化です。パフォーマンスの最大化に興味がない場合は、balanced または powersave プロファイルに変更できます (下記参照)。
balanced
これは、他のすべてのケースで事前に選択されます。この目的は、パフォーマンスと電力消費の調和です。
tuned を起動するには、root で以下のコマンドを実行します。
systemctl start tuned
マシンを起動する度に tuned を有効にするには、以下のコマンドを実行します。
systemctl enable tuned
プロファイルの選択などの他の tuned の制御の場合は、以下のコマンドを実行します。
tuned-adm
このコマンドを使用するには、tuned サービスが実行されている必要があります。
インストールされた利用可能なプロファイルを参照するには、以下のコマンドを実行します。
tuned-adm list
現在アクティブなプロファイルを参照するには、以下のコマンドを実行します。
tuned-adm active
プロファイルを選択またはアクティブ化するには、以下のコマンドを実行します。
tuned-adm profile profile
以下に例を示します。
tuned-adm profile powersave
試験目的で提供された機能として、複数のプロファイルを一度に選択することができます。tuned アプリケーションは、ロード中にそれらのプロファイルをマージしようとします。競合が発生した場合は、最後に指定されたプロファイルの設定が優先されます。これは自動的に行われ、使用されるパラメーターの組み合わせが適切であるかどうかはチェックされません。あまり深く考えずにこの機能を使用すると、一部のパラメーターが反対の方向でチューニングされ、生産性が上がらないことがあります。このような状況の例として、throughput-performance プロファイルでディスクに対して high スループットを設定し、同時に spindown-disk プロファイルでディスクスピンダウンを low 値に設定することが挙げられます。以下の例では、仮想マシンでの実行でパフォーマンスを最大化するようシステムが最適化され、同時に、低消費電力を実現するようシステムがチューニングされます (低消費電力が最優先である場合)。
tuned-adm profile virtual-guest powersave
既存のプロファイルを変更したり、インストール中に使用されたのと同じロジックを使用したりせずに tuned がシステムに最適なプロファイルを提示するようにするには、以下のコマンドを実行します。
tuned-adm recommend
Tuned には、手動で実行する場合に使用できる追加オプションがあります。ただし、このオプションは推奨されず、主にデバッグ目的で提供されています。利用可能なオプションは、以下のコマンドを使用して表示できます。
tuned --help

3.1.3. カスタムプロファイル

ディストリビューション固有のプロファイルは、/usr/lib/tuned/ ディレクトリーに格納されます。各プロファイルには独自のディレクトリーがあります。プロファイルは tuned.conf という名前の主要設定ファイルとオプションのヘルパースクリプトなどの他のファイルから構成されます。
プロファイルをカスタマイズする必要がある場合は、プロファイルのカスタマイズに使用される /etc/tuned/ ディレクトリーにプロファイルディレクトリーをコピーします。同じ名前のプロファイルが 2 つある場合は、/etc/tuned/ に含まれるプロファイルが使用されます。
また、/etc/tuned/ ディレクトリーで独自のプロファイルを作成して、特定のパラメーターのみが調整、または上書きされた /usr/lib/tuned/ に含まれるプロファイルを使用することもできます。
tuned.conf ファイルには、複数のセクションが含まれます。[main] セクションは 1 つだけ存在します。他のセクションはプラグインインスタンス向けの設定です。[main] セクションを含むすべてのセクションはオプションです。ハッシュ記号 (#) で始まる行はコメントです。
[main] セクションには、以下のオプションがあります。
include=profile
指定されたプロファイルがインクルードされます。たとえば、include=powersave の場合は、powersave プロファイルがインクルードされます。
プラグインインスタンスが記述されるセクションは、以下のように書式化されます。
[NAME]
type=TYPE
devices=DEVICES
NAME は、ログで使用されるプラグインインスタンスの名前です。これは、任意の文字列です。TYPE は、チューニングプラグインのタイプです。tuning プラグインの一覧および説明は、「プラグイン」 を参照してください。DEVICES は、このプラグインインスタンスが処理するデバイスのリストです。devices 行には、リスト、ワイルドカード (*)、および否定 (!) を含めることができます。また、ルールを組み合わせることもできますdevices 行がない場合は、TYPE のシステムに存在する、または後で接続されたすべてのデバイスがプラグインインスタンスによって処理されます。これは、devices=* を使用したときと同様です。プラグインのインスタンスが指定されない場合、プラグインは有効になりませんプラグインがさらに多くのオプションをサポートする場合は、プラグインセクションでそれらのプラグインを指定することもできます。オプションが指定されないと、デフォルト値が使用されます (インクルードされたプラグインで以前に指定されていない場合)。プラグインオプションの一覧は、「プラグイン」を参照してください。

例3.1 プラグインインスタンスの記述

以下の例では、sdasdb などの sd で始まるすべての候補に一致し、それらの候補に対するバリアは無効になりません。
[data_disk]
type=disk
devices=sd*
disable_barriers=false
以下の例では、sda1sda2 を除くすべての候補に一致します。
[data_disk]
type=disk
devices=!sda1, !sda2
disable_barriers=false
プラグインインスタンスのカスタム名を必要とせず、設定ファイルでインスタンスの定義が 1 つしかない場合、Tuned は以下の短い構文をサポートします。
[TYPE]
devices=DEVICES
この場合は、type の行を省略することができます。タイプと同様に、インスタンスは名前で参照されます。上記の例は、以下のように書き換えることができます。
[disk]
devices=sdb*
disable_barriers=false
include オプションを使用して同じセクションが複数回指定された場合は、設定がマージされます。競合のため、設定をマージできない場合は、競合がある以前の設定よりも競合がある最後の定義が優先されます。場合によっては、以前に定義された内容がわからないことがあります。このような場合は、replace ブール値オプションを使用して true に設定できます。これにより、同じ名前の以前の定義がすべて上書きされ、マージは行われません。
また、enabled=false オプションを指定してプラグインを無効にすることもできます。これは、インスタンスが定義されない場合と同じ効果になります。include オプションから以前の定義を再定義し、カスタムプロファイルでプラグインをアクティブにしない場合は、プラグインを無効にすると便利です。
以下に、balanced プロファイルに基づき、すべてのデバイスの ALPM が最大の省電力に設定されるように拡張されたカスタムプロファイルの例を示します。
[main]
include=balanced

[disk]
alpm=min_power
以下に、isolcpus=2 をカーネルブートコマンドラインに追加するカスタムプロファイルの例を示します。
[bootloader]
cmdline=isolcpus=2
変更を反映するには、プロファイルの適用後にマシンを再起動する必要があります。

3.1.4. Tuned-adm

システムを詳細に分析することは、非常に時間のかかる作業です。Red Hat Enterprise Linux 7 には、tuned-adm ユーティリティーで簡単にアクティベートできる一般的なユースケース向けの定義済みプロファイルが複数含まれます。プロファイルを作成、変更、および削除することも可能です。
利用可能な全プロファイルを一覧表示して、現在アクティブなプロファイルを特定するには、以下を実行します。
tuned-adm list
現在アクティブなプロファイルのみを表示するには、以下のコマンドを実行します。
tuned-adm active
別のプロファイルに切り替える場合は、以下を実行します。
tuned-adm profile profile_name
例を示します。
tuned-adm profile latency-performance
すべてのチューニングを無効にする場合は、以下を実行します。
tuned-adm off
一般的なユースケースの事前定義済みのプロファイルの一覧を以下に示します。
備考
以下のプロファイルは、使用されているリポジトリーファイルに応じて、ベースパッケージでインストールされる場合とされない場合があります。システムにインストールされている tuned プロファイルを表示するには、root で以下のコマンドを実行します。
tuned-adm list
インストールする tuned プロファイルの一覧を表示するには、root で以下のコマンドを実行します。
yum search tuned-profiles
システムに tuned プロファイルをインストールするには、root で以下のコマンドを実行します。
yum install tuned-profiles-profile-name
profile-name は、インストールするプロファイルに置き換えます。
balanced
デフォルトの省電力プロファイル。パフォーマンスと電力消費のバランスを取ることが目的です。可能な限り、自動スケーリングと自動チューニングを使用しようとします。ほとんどの負荷で良い結果をもたらします。唯一の欠点はレイテンシーが増加することです。現在の tuned リリースでは、CPU、ディスク、音声、および動画のプラグインが有効になり、conservative ガバナーがアクティブ化されます。radeon_powersaveauto に設定されます。
powersave
省電力パフォーマンスを最大化するプロファイル。実際の電力消費を最小化するためにパフォーマンスを調整できます。現在の tuned リリースでは、SATA ホストアダプターの USB 自動サスペンド、WiFi 省電力、および ALPM の省電力を有効にします。また、ウェイクアップ率が低いシステムのマルチコア省電力がスケジュールされ、ondemand ガバナーがアクティブ化されます。さらに、AC97 音声省電力と、システムに応じて HDA-Intel 省電力 (10 秒のタイムアウト) が有効になります。KMS が有効なサポート対象 Radeon グラフィックカードがシステムに搭載されている場合は、自動省電力に設定されます。Asus Eee PC では、動的な Super Hybrid Engine が有効になります。
備考
powersave プロファイルは、必ずしも最も効率的ではありません。定義された量の作業を行う場合 (たとえば、動画ファイルをトランスコードする必要がある場合) を考えてください。トランスコードがフルパワーで実行される場合に、マシンが少ない電力を消費することがあります。これは、タスクがすぐに完了し、マシンがアイドル状態になり、非常に効率的な省電力モードに自動的に切り替わることがあるためです。その一方で、調整されたマシンでファイルをトランスコードすると、マシンはトランスコード中に少ない電力を消費しますが、処理に時間がかかり、全体的な消費電力は高くなることがあります。このため、一般的に balanced プロファイルが優れたオプションになる場合があります。
throughput-performance
高スループットに最適化されたサーバープロファイル。省電力メカニズムが無効になり、ディスクとネットワーク IO のスループットパフォーマンスを向上させる sysctl 設定が有効になり、deadline スケジューラーに切り替わります。CPU ガバナーは performance に設定されます。
latency-performance
低レイテンシーに最適化されたサーバープロファイル。省電力メカニズムが無効になり、レイテンシーを向上させる sysctl 設定が有効になります。CPU ガバナーは performance に設定され、CPU は低い C 状態にロックされます (PM QoS を使用)。
network-latency
低レイテンシーネットワークチューニング向けプロファイル。latency-performance プロファイルに基づきます。また、透過的な巨大ページと NUMA 調整が無効になり、複数の他のネットワーク関連の sysctl パラメーターがチューニングされます。
network-throughput
スループットネットワークチューニング向けプロファイル。throughput-performance プロファイルに基づきます。また、カーネルネットワークバッファーが増加されます。
virtual-guest
エンタープライズストレージプロファイルに基づいた、Red Hat Enterprise Linux 7 仮想マシンおよび VMware ゲスト向けに設計されたプロファイルで、他のタスクの中で、仮想メモリーのスワップを減らしディスクの readahead 値を増やします。ディスクバリアは無効になりません。
virtual-host
enterprise-storage プロファイルに基づく仮想ホスト向けプロファイル。仮想メモリーの swappiness の減少、ディスクの readahead 値の増加、ダーティーページのよりアグレッシブな値の有効化などが行われます。
oracle
Oracle データベース向けに最適化されたプロファイルは、throughput-performance プロファイルに基づいて読み込まれます。これにより Transparent Huge Page が無効になり、一部の他のパフォーマンス関連カーネルパラメーターが変更されます。このプロファイルは、tuned-profiles-oracle パッケージで提供されます。これは、Red Hat Enterprise Linux 6.8 以降で利用可能です。
desktop
balanced プロファイルに基づく、デスクトップに最適化されたプロファイル。対話型アプリケーションの応答を向上させるスケジューラーオートグループが有効になります。
cpu-partitioning
cpu-partitioning プロファイルは、システムの CPU を、分離されたハウスキーピングの CPU に分割します。分離された CPU のジッターと割り込みを減らすために、プロファイルは分離された CPU を、ユーザー空間プロセス、可動カーネルスレッド、割り込みハンドラー、およびカーネルタイマーから削除します。
ハウスキーピング CPU は、すべてのサービス、シェルプロセス、およびカーネルスレッドを実行できます。
/etc/tuned/cpu-partitioning-variables.conf ファイルに cpu-partitioning プロファイルを設定できます。設定オプションは以下のようになります。
isolated_cores=cpu-list
分離する CPU を一覧表示します。分離された CPU の一覧はコンマで区切るか、ユーザーが範囲を指定できます。3-5 のようにハイフンを使用して範囲を指定できます。このオプションは必須です。この一覧にない CPU は、自動的にハウスキーピング CPU と見なされます。
no_balance_cores=cpu-list
システム全体のプロセスの負荷分散時に、カーネルに考慮されない CPU の一覧を表示します。このオプションは任意です。通常、これは isolated_cores と同じリストです。
cpu-partitioning の詳細は、tuned-profiles-cpu-partitioning(7) の man ページを参照してください。
注記
さらに製品固有なプロファイルまたはサードパーティー製の Tuned プロファイルが利用可能なことがあります。このようなプロファイルは通常、個別の RPM パッケージで提供されます。
Optional チャンネルで利用可能な tuned-profiles-compat パッケージで、定義済みプロファイルを追加でインストールできます。これらのプロファイルは、後方互換性を維持するために提供され、開発は行われていません。基本パッケージの一般的なプロファイルを使用すると、ほとんどの場合、同等のことやそれ以外のことも行えます。特別な理由がない限り、基本パッケージのプロファイルを使用することが推奨されます。互換プロファイルは以下のとおりです。
default
これは利用可能なプロファイルの中で省電力への影響度が最も低く、tuned の CPU プラグインとディスクプラグインのみが有効になります。
desktop-powersave
デスクトップシステム向けの節電プロファイル。tuned の CPU、Ethernet、および disk プラグインである SATA ホストアダプターの ALPM 省電力を有効にします。
laptop-ac-powersave
AC 電源で稼働するノートパソコン向け省電力プロファイル (影響度は中)。SATA ホストアダプター用の ALPM 省電力、WiFi 省電力、および tuned の CPU、イーサネット、ディスクのプラグインが有効になります。
laptop-battery-powersave
バッテリーで稼働するラップトップ向け省電力プロファイル (影響度は大)。現在の tuned 実装では、powersave プロファイルのエイリアスになります。
spindown-disk
スピンダウン時間を最大化する、従来の HDD が搭載されたマシン向け省電力プロファイル。tuned 省電力メカニズム、USB 自動サスペンド、および Bluetooth が無効になり、Wi-Fi 省電力が有効になり、ログ同期が無効になり、ディスクライトバック時間が増加し、ディスクの swappiness が減少します。すべてのパーティションは、noatime オプションで再マウントされます。
enterprise-storage
I/O スループットを最大化する、エンタープライズ級のストレージ向けサーバープロファイル。throughput-performance プロファイルと同じ設定がアクティブ化され、readahead 設定値が乗算され、ルートパーティションと起動パーティション以外のパーティションでバリアが無効になります。
備考
物理マシンで atomic-host プロファイル、仮想マシンで atomic-guest プロファイルを使用します。
Red Hat Enterprise Linux Atomic Host 向けに tuned プロファイルを有効にするには、tuned-profiles-atomic パッケージをインストールします。root で次のコマンドを実行します。
yum install tuned-profiles-atomic
Red Hat Enterprise Linux Atomic Host 向けの tuned プロファイルには次の 2 つがあります。
atomic-host
Red Hat Enterprise Linux Atomic Host 向けに最適化されたプロファイル。ベアメタルサーバーでホストシステムとして使用する場合は、throughput-performance プロファイルを使用します。さらに、SELinux AVC キャッシュと PID 制限が増加し、netfilter 接続追跡がチューニングされます。
atomic-guest
Red Hat Enterprise Linux Atomic Host 向けに最適化されたプロファイル (virtual-guest プロファイルに基づいてゲストシステムとして使用される場合)。さらに、SELinux AVC キャッシュと PID 制限が増加し、netfilter 接続追跡がチューニングされます。
備考
さらに製品固有なプロファイルまたはサードパーティー製の tuned プロファイルが利用可能なことがあります。このようなプロファイルは通常、個別の RPM パッケージで提供されます。カーネルコマンドラインの編集を可能にする 3 つの tuned プロファイル (realtimerealtime-virtual-host、および realtime-virtual-guest) が利用可能です。
realtime プロファイルを有効にするには、tuned-profiles-realtime パッケージをインストールします。root で次のコマンドを実行します。
yum install tuned-profiles-realtime
realtime-virtual-host プロファイルと realtime-virtual-guest プロファイルを有効にするには、tuned-profiles-nfv パッケージをインストールします。root で次のコマンドを実行します。
yum install tuned-profiles-nfv

3.1.5. powertop2tuned

powertop2tuned ユーティリティーは、PowerTOP の提案からカスタムの tuned プロファイルを作成できるツールです。
powertop2tuned アプリケーションをインストールするには、以下のコマンドを root で実行します。
yum install tuned-utils
カスタムプロファイルを作成するには、以下のコマンド root で実行します。
powertop2tuned new_profile_name
デフォルトでは、現在選択されている tuned プロファイルに基いて /etc/tuned ディレクトリー内にプロファイルが作成されます。安全上の理由から、すべての PowerTOP チューニングは最初に新しいプロファイルで無効になっています。これらのチューニングを有効にするには、/etc/tuned/profile/tuned.conf で興味があるチューニングをコメント解除します。--enable または -e オプションを使用して、有効な PowerTOP により提示されたほとんどのチューニングで新しいプロファイルを生成できます。USB 自動サスペンドなどの一部の危険なチューニングは引き続き無効になります。これらのチューニングが必要な場合は、手動でコメント解除する必要があります。デフォルトでは、新しいプロファイルはアクティブ化されていません。有効にするには、以下のコマンドを実行します。
tuned-adm profile new_profile_name
powertop2tuned がサポートするオプションの完全な一覧を表示するには、以下のコマンドを実行します。
powertop2tuned --help