第5章 Performance Co-Pilot (PCP)

5.1. PCP の概要およびリソース

Red Hat Enterprise Linux 7 では、システムレベルでのパフォーマンス測定値の監視、可視化、および分析を行う一連のツール、サービス、およびライブラリーである Performance Co-Pilot (PCP) がサポートされます。軽量な分散 アーキテクチャーであることから複雑なシステムの一元的な分析に非常に適しています。パフォーマンスメトリックスは、Python、Perl、C++、および C インターフェースを使用して追加できます。分析ツールではクライアントの API (Python、C++、C) を直接使用でき、リッチな Web アプリケーションでは JSON インターフェースを使用して利用可能なすべてのパフォーマンスデータを確認することができます。
PCP では以下を行うことができます。
  • リアルタイムデータの監視および管理。
  • 履歴データのログおよび取得。
履歴データを使用して、現在の結果とアーカイブされたデータを比較し、問題のあるパターンを分析することができます。
Performance Metric Collection Daemon (pmcd) は、ホストシステムでパフォーマンスデータを収集します。pminfopmstat などのクライアントツールを使用すると、同じホストまたはネットワークを介してこのデータを取得、表示、アーカイブ、および処理できます。pcp パッケージはコマンドラインツールと基礎となる機能を提供します。グラフィカルツールには pcp-gui パッケージが必要です。

リソース

  • PCPIntro という名前の man ページでは、Performance Co-Pilot について紹介しています。利用可能なツールの一覧、利用可能な設定オプションの説明、および関連する man ページの一覧が提供されます。デフォルトでは、包括的なドキュメンテーションは /usr/share/doc/pcp-doc/ ディレクトリーにインストールされます (『Performance Co-Pilot User's and Administrator's Guide』や『Performance Co-Pilot Programmer's Guide』など)。
  • PCP については、Red Hat カスタマーポータルの「Index of Performance Co-Pilot (PCP) articles, solutions, tutorials and white papers」を参照してください。
  • すでに精通している古いツールの機能がある PCP ツールを調べる必要がある場合は、Red Hat ナレッジベースの記事「Side-by-side comparison of PCP tools with legacy tools」を参照してください。
  • Performance Co-Pilot の詳細な説明と使用方法については、「DOCUMENTATION」から公式な PCP ドキュメントを参照してください。Red Hat Enterprise Linux ですぐに PCP を使用する場合は、「PCP Quick Reference Guide」を参照してください。公式な PCP Web サイトには、「FAQ」 (よくある質問の一覧) も含まれます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。