Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.3.11.2. NetworkManager でデバイスの非管理として一時的に設定

インターフェース名、MAC アドレス、デバイスタイプなどのいくつかの基準に基づいてデバイスを unmanaged として設定できます。この手順では、NetworkManager で、enp1s0 インターフェースを unmanaged として一時的に設定する方法を説明します。
この方法は、たとえば、テスト目的で使用します。ネットワークデバイスを unmanaged として永続的に設定する場合は、「NetworkManager で、デバイスを Unmanaged (管理外) として永続的に設定」を参照してください。

手順

  1. 必要に応じて、デバイスの一覧を表示して、管理対象外 に設定するデバイスを特定します。
    # nmcli device status
    DEVICE  TYPE      STATE         CONNECTION
    enp1s0  ethernet  disconnected  --
    ...
  2. enp1s0 デバイスを unmanaged の状態に設定します。
    # nmcli device set enp1s0 managed no

検証手順

  • デバイスの一覧を表示します。
    # nmcli device status
    DEVICE  TYPE      STATE      CONNECTION
    enp1s0  ethernet  unmanaged  --
    ...
    enp1s0 デバイスの横にある 管理対象外 状態は、NetworkManager がこのデバイスを管理していないことを示しています。

関連情報

デバイスを非管理対象と、対応する構文に設定するのに使用できる基準の一覧は、man ページの NetworkManager.conf(5) の『Device List Format』セクションを参照してください。