Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

13.5.2. 70-persistent-ipoib.rules の使用

rdma パッケージは、/etc/udev.d/rules.d/70-persistent-ipoib.rules ファイルを提供します。この udev rules ファイルは、IPoIB デバイスを (ib0ib1 などの) デフォルト名からより記述的な名前に変更するために使用されます。デバイス名を変更するには、このファイルの編集が必要になります。まず、名前を変更する デバイスの GUID アドレスを見つけます。
~]$ ip link show ib0
8: ib0: >BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP< mtu 65520 qdisc pfifo_fast state UP mode DEFAULT qlen 256
    link/infiniband 80:00:02:00:fe:80:00:00:00:00:00:00:f4:52:14:03:00:7b:cb:a1 brd 00:ff:ff:ff:ff:12:40:1b:ff:ff:00:00:00:00:00:00:ff:ff:ff:ff
link/infiniband の直後には、IPoIB インターフェースの 20 バイトのハードウェアアドレスがあります。新規の名前作成に必要なのは、上記で太字表示となっている最後の 8 バイトのみです。ユーザーは好みに合わせて自由に命名スキームを作成できます。たとえば、mlx4 デバイスが ib0 サブネットファブリックに接続されている場合、mlx4_ib0 のような device_fabric 命名規則を使用します。唯一推奨されないのは、ib0ib1 といった標準名を使用することです。これらの名前は、カーネルが割り当てる自動的な名前と競合する場合があるからです。次に、ルールファイルにエントリーを追加します。ルールファイルの既存の例をコピーし、ATTR{address} エントリーの 8 バイトをデバイスからの強調表示された 8 バイトに置き換え、NAME フィールドで使用する新しい名前を入力します。