1.5. テキスト形式のユーザーインターフェース (nmtui) を使ったネットワーク設定

NetworkManager のテキスト形式のユーザーインターフェース (TUI) ツールである nmtui は、テキストインターフェースを提供し、NetworkManager を制御してネットワークを設定します。このツールは、NetworkManager-tui パッケージに含まれています。本ガイドの執筆時点では、デフォルトでは NetworkManager と共にはインストールされません。NetworkManager-tui をインストールするには、root で以下のコマンドを実行します。
~]# yum install NetworkManager-tui
NetworkManager が稼働しているかを確認する必要がある場合は、「NetworkManager デーモン」を参照してください。
nmtui を起動するには、以下のコマンドを実行します。
~]$ nmtui
テキスト形式のインターフェースが表示されます。移動するには矢印キーを使用するか、Tab を押して次に進むか Shift+Tab を押して前に戻ります。Enter を押してオプションを選びます。Space バーは、チェックボックスのステータスを切り替えます。
以下のコマンドが利用できます。
  • nmtui edit connection-name
    接続名を指定しないと、選択メニューが表示されます。接続名を指定して適切に認識されると、関連する 接続の編集 画面が表示されます。
  • nmtui connect connection-name
    接続名を指定しないと、選択メニューが表示されます。接続名を指定して適切に認識されると、関連する接続がアクティブ化されます。無効なコマンドの場合は、使用法に関するメッセージがプリントされます。
本ガイドの執筆時点では、nmtui はすべての接続の種類をサポートしているわけではありません。特に、VPN や WPA Enterprise を使用したワイヤレスネットワーク接続、802.1X を使用したイーサネット接続を編集することができません。