1.3. NetworkManager について

Red Hat Enterprise Linux 7 では、NetworkManager がデフォルトのネットワークサービスを提供します。これは動的なネットワーク制御および設定デーモンで、ネットワークデバイスと接続が利用可能な間は、これらをアクティブな状態に保ちます。従来の ifcfg タイプの設定ファイルは、サポートが継続されます。詳細は、「NetworkManager とネットワークスクリプト」 を参照してください。

表1.1 ネットワークツールおよびアプリケーションの概要

アプリケーションおよびツール詳細
NetworkManagerデフォルトのネットワークデーモン
nmtuiNetworkManager 用のシンプルな curses ベースのテキストユーザーインターフェース (TUI)
nmcliユーザーとスクリプトが NetworkManager と対話できるようにするコマンドラインツール
control-centerGNOME Shell が提供するグラフィカルユーザーインターフェースツール
nm-connection-editorcontrol-center では処理されない特定のタスクに利用可能な GTK+ 3 アプリケーション
NetworkManager は、ネットワークエイリアスや IP アドレス、静的ルート、DNS 情報、VPN 接続に加えて接続固有のパラメーターを多数設定できます。また、NetworkManager は D-Bus 経由の API を提供し、これによりアプリケーションはネットワーク設定や状態をクエリ、制御することができます。