11.9. ネットワークデバイス命名における一貫性の無効化

一貫性のあるネットワークデバイス命名方法を無効にすることは、特定の状況以外では推奨されません。詳細は、11章ネットワークデバイス命名における一貫性および「ネットワークデバイス命名におけるトラブルシューティング」を参照してください。
一貫性のあるネットワークデバイスの命名を無効にするには、以下のいずれかを選択します。
  • デフォルトポリシー用の udev のルールファイルを「マスク化する」ことで、固定名の割り当てを無効にします。そのためには、/dev/null へのシンボリックリンクを作成します。これにより、予測不可能なカーネル名が使用されます。root で以下のコマンドを入力します。
    ~]# ln -s /dev/null /etc/udev/rules.d/80-net-name-slot.rules
  • 独自の手動の命名スキームを作成します。たとえば、インターフェースを internet0dmz0、または lan0 と命名します。そのためには、独自の udev ルールファイルを作成し、デバイス用に NAME プロパティーを設定します。新しいファイルがデフォルトのポリシーファイルの上に来るようにします。たとえば、これを /etc/udev/rules.d/70-my-net-names.rules という名前にします。
  • 別の命名スキームを使用するようにデフォルトのポリシーファイルを変更します。たとえば、デフォルトで MAC アドレスをすべてのインターフェース名に使用するなどとします。root で以下のようにデフォルトのポリシーファイルをコピーします。
    ~]# cp /usr/lib/udev/rules.d/80-net-name-slot.rules /etc/udev/rules.d/80-net-name-slot.rules
    /etc/udev/rules.d/ ディレクトリーにあるこのファイルを必要に応じて変更します。
  • /etc/default/grub/ ファイルを開き、GRUB_CMDLINE_LINUX 変数を探します。

    注記

    GRUB_CMDLINE_LINUX は、カーネルコマンドラインに追加されるエントリーを含む変数です。ご自分のシステム設定によっては、すでに追加の設定が含まれている場合があります。
    net.ifnames=0 および biosdevname=0 の両方をカーネルパラメーターの値として、GRUB_CMDLINE_LINUX 変数に追加します。
      ~]# cat /etc/default/grub
        GRUB_TIMEOUT=5
        GRUB_DISTRIBUTOR="$(sed 's, release .*$,,g' /etc/system-release)"
        GRUB_DEFAULT=saved
        GRUB_DISABLE_SUBMENU=true
        GRUB_TERMINAL_OUTPUT="console"
        GRUB_CMDLINE_LINUX="rd.lvm.lv=rhel_7/swap rd.luks.uuid=luks-cc387312-6da6-469a-8e49-b40cd58ad67a crashkernel=auto  vconsole.keymap=us vconsole.font=latarcyrheb-sun16 rd.lvm.lv=rhel_7/root rhgb quiet net.ifnames=0 biosdevname=0"
        GRUB_DISABLE_RECOVERY="true"
    grub2-mkconfig コマンドを実行して、/boot/grub2/grub.cfg/ ファイルを再構築します。
      ~]# grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg/

    注記

    UEFI を使用してシステムを起動した場合:
    ~]# grub2-mkconfig -o /boot/efi/EFI/redhat/grub.cfg
    現在のデバイス名を表示します (例: eno1)。
    ~]# nmcli connection show
    NAME   UUID                                  TYPE            DEVICE
    Wired  63cba8b2-60f7-4317-bc80-949e800a23cb  802-3-ethernet  eno1
    デバイス名を eth0 に変更して、システムを再起動します。
    ~]# nmcli connection modify Wired connection.interface-name eth0
    ~]# reboot
    grub ブートローダーの設定ファイルに関する情報を更新および表示するには、grubby ユーティリティーが使用されます。詳細は、grubby(8) man ページを参照してください。GRUB 2 での作業に関する詳細情報は、Red Hat Enterprise Linux システム管理者のガイドを参照してください。