Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

7.4.3. ポートインターフェイスの作成

チャンネルボンディングインターフェイスはコントローラー(別名 マスター)で、ボンディングされるインターフェイスはポート(スレーブ)と呼ばれます。チャンネルボンディングインターフェイスを作成したら、ポート設定ファイルに MASTER ディレクティブと SLAVE ディレクティブを追加して、バインドするネットワークインターフェイスを設定する必要があります。各ポートインターフェイスの設定ファイルは、ほぼ同じです。

例7.2 ポートインターフェイス設定ファイルの例

たとえば、2 つのイーサネットインターフェイス enp1s0enp2s0 をチャンネルボンディングする場合、それらは両方とも以下のようにすることができます。
DEVICE=device_name
NAME=bond0-slave
TYPE=Ethernet
BOOTPROTO=none
ONBOOT=yes
MASTER=bond0
SLAVE=yes
NM_CONTROLLED="no"
この例では、device_name をインターフェイス名で置換します。インターフェイスに ONBOOT=yes となっているプロファイルまたは設定ファイルが複数ある場合は、インターフェイス間で競合し、ボンドポートではなくプレーンの TYPE=Ethernet プロファイルがアクティブになる可能性があることに注意してください。
注記
NM_CONTROLLED="no" 設定がない場合は、NetworkManager がこの設定ファイルの設定を上書きする可能性があります。