Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.3.5. nmcli による接続プロファイルの作成および修正

接続プロファイルには、データソースへの接続に必要な接続プロパティー情報が含まれています。
nmcli を使用して、NetworkManager に新しいプロファイルを 作成 するには、以下のコマンドを実行します。
nmcli c add {ARGUMENTS}
nmcli c add では、以下に示す異なる 2 つのタイプのパラメーターが使用可能です。
プロパティー名
接続を内部的に記述するために NetworkManager が使用する名前。最も重要なものを以下に示します。
  • connection.type
    nmcli c add connection.type bond
  • connection.interface-name
    nmcli c add connection.interface-name enp1s0
  • connection.id
    nmcli c add connection.id "My Connection"
    プロパティーおよびそれらの設定に関する詳細情報は、nm-settings(5) man ページを参照してください。
エイリアス名
内部的にプロパティーに翻訳された、人間が理解可能な名前。最も一般的なものを以下に示します。
  • タイプ (connection.type プロパティー)
    nmcli c add type bond
  • ifname (connection.interface-name プロパティー)
    nmcli c add ifname enp1s0
  • con-name (connection.id プロパティー)
    nmcli c add con-name "My Connection"
以前のバージョンの nmcli では、接続を作成するのに エイリアス名 を使用する必要がありました。たとえば、ifname enp1s0 および con-name My Connection などです。次の形式のコマンドを使用できます。
nmcli c add type ethernet ifname enp1s0 con-name "My Connection"
最新のバージョンでは、プロパティー名エイリアス名 の両方を、区別なく使用することができます。以下は、すべて有効であり、同等です。
nmcli c add type ethernet ifname enp1s0 con-name "My Connection" ethernet.mtu 1600
nmcli c add connection.type ethernet ifname enp1s0 con-name "My Connection" ethernet.mtu 1600 
nmcli c add connection.type ethernet connection.interface-name enps1s0 connection.id  "My Connection" ethernet.mtu 1600
引数は、接続の種類によって異なります。type 引数だけは、すべての接続の種類で必須です。また、ifnamebondteambridge、および vlan を除くすべての種類で必須です。
type (type_name)
接続の種類です。例を以下に示します。
nmcli c add type bond
ifname (interface_name)
接続のバインド先となるインターフェースです。例を以下に示します。
nmcli c add ifname interface_name type ethernet
接続プロファイルの 1 つまたは複数のプロパティーを 修正する には、以下のコマンドを使用します。
nmcli c modify
たとえば、connection .id を My Connection から My favorite connection に切り替え、connection .interface-nameenp1s0 に変更するには、以下のコマンドを実行します。
nmcli c modify "My Connection" connection.id "My favorite connection" connection.interface-name enp1s0
注記
一般的には、プロパティー名 が使用されます。エイリアス名 は、互換性の理由からしか使用されません。
また、イーサネット MTU を 1600 に設定するには、以下のようにサイズを変更します。
nmcli c modify "My favorite connection" ethernet.mtu 1600 
nmcli を使用して接続を修正した後に変更を適用するには、以下のコマンドを入力して接続を再度アクティブ化します。
nmcli con up con-name
以下に例を示します。
nmcli con up My-favorite-connection 
Connection successfully activated (D-Bus active path: /org/freedesktop/NetworkManager/ActiveConnection/16)