Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.3.6. nmcli を使用したネットワーク接続

現在利用可能なネットワーク接続を一覧表示するには、以下を実行します。
~]$ nmcli con show
NAME              UUID                                  TYPE            DEVICE
Auto Ethernet     9b7f2511-5432-40ae-b091-af2457dfd988  802-3-ethernet  --
ens3              fb157a65-ad32-47ed-858c-102a48e064a2  802-3-ethernet  ens3
MyWiFi            91451385-4eb8-4080-8b82-720aab8328dd  802-11-wireless wlp61s0
出力の NAME フィールドは常に接続 ID (名前) を表す事に留意してください。これはインターフェース名と同じように見えますが、異なるものです。上記の 2 つ目の接続では、NAME フィールドの ens3 は、ユーザーがインターフェースに適用したプロファイルに指定した接続 ID です。 ens3.最後の接続では、ユーザーに接続 ID MyWiFi をインターフェースに割り当てています。 wlp61s0.
イーサネット接続を追加すると、設定プロファイルが作成され、それがデバイスに割り当てられます。新規プロファイルを作成する前に、以下のように利用可能なデバイスを確認します。
~]$ nmcli device status
DEVICE  TYPE      STATE         CONNECTION
ens3    ethernet  disconnected  --
ens9    ethernet  disconnected  --
lo      loopback  unmanaged     --