Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.4.2. GUI を使用した新規接続の設定および既存接続の編集

システム管理者は、ネットワーク接続を設定できます。これにより、ユーザーがインターフェイスの設定を適用または変更できます。それには、次のいずれかの方法を使用できます。
  • GNOME の control-center アプリケーション
  • GNOME の nm-connection-editor アプリケーション

3.4.2.1. control-center を使用した新規接続の設定および既存接続の編集

GNOME control-center アプリケーションを使用して、ネットワーク接続を作成および設定できます。
control-center を使用した新しい接続の設定
control-center アプリケーションを使用して、新しい優先、無線、vpn 接続を設定するには、以下の手順に従ってください。
  1. Super キーを押してアクティビティーの概要を表示し、Settings と入力して Enter キーを押します。次に、左側の Network タブを選択します。右側のメニューに Network 設定ツールが表示されます。

    図3.6 ネットワーク設定ウィンドウの表示

    ネットワーク設定ウィンドウの表示
  2. 新しい接続を追加するには、プラスボタンをクリックします。
    設定するには、以下のコマンドを実行します。
    Wi-Fi 接続 を設定するには、Settings メニューの Wi-fi エントリーをクリックして、「GUI を使用した Wi-Fi 接続の設定」に進みます。
control-center を使用した既存の接続の編集
ネットワーク 設定ウィンドウで既存接続のプロファイルのギアアイコンをクリックすると 詳細 ウィンドウが開き、IP アドレスや DNS、ルート設定といったほとんどのネットワーク設定タスクが実行できます。

図3.7 ネットワーク接続詳細ウィンドウを使用したネットワークの設定

ネットワーク接続詳細ウィンドウを使用したネットワークの設定
追加や設定を行うすべての接続で、NetworkManager を選択して、利用可能になると自動的にそのネットワークに接続できます。これを行うには、自動接続する を選択して、その接続が利用可能であることを NetworkManager が検出すると、NetworkManager が自動接続するようになります。NetworkManager の自動接続を望まない場合は、チェックボックスを外します。この場合、接続するには手動でネットワーク接続のアイコンを選択する必要があります。
他のユーザーにも利用可能にするには、他のユーザーにも利用可能にする チェックボックスを選択します。
接続の変更後に変更を適用するには、接続ウィンドウの右上隅にある Apply ボタンをクリックします。
Remove Connection Profile の赤いボックスをクリックすると、接続を削除できます。