Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.4.10. GUI を使用して DSL 接続の設定

このセクションでは、個人ユーザーや SOHO インストールでよくある DSL モデムルーターの外部の組み合わせではなく、ホスト内に DSL カードが組み込まれているインストールについて説明します。

3.4.10.1. nm-connection-editor を使用した DSL 接続の設定

GNOME nm-connection-editor を使用して DSL 接続を設定できます。
新しい DSL 接続の追加
手順
  1. 端末で nm-connection-editor を入力します。ネットワーク接続 ウィンドウが表示されます。「nm-connection-editor を使用した一般的な設定オプション」を参照してください。
  2. + (プラス) ボタンをクリックします。
  3. 接続の種類の選択 が表示されます。
  4. DSL を選択し、作成 ボタンをクリックします。
  5. DSL 接続 1 の編集 ウィンドウが表示されます。
既存の DSL 接続を編集する
手順
  1. 端末で nm-connection-editor を入力します。ネットワーク接続 ウィンドウが表示されます。
  2. 編集する接続を選択し、歯車アイコンをクリックします。詳細は、「nm-connection-editor を使用した一般的な設定オプション」を参照してください。
DSL タブの設定
Username
サービスプロバイダー認証で使用するユーザー名を入力します。
サービス
サービスプロバイダーからの指示がない限り、空白のままにします。
Password
サービスプロバイダーから提供されたパスワードを入力します。
新規 (または修正した) 接続を保存して他の設定を行う
DSL 接続の編集が終わったら、適用 ボタンをクリックしてカスタマイズした設定を保存します。編集中に該当プロファイルが使用されていた場合、接続を切断してから再接続し、NetworkManager が変更を適用するようにします。プロファイルがオフだった場合は、これをオンにするか、ネットワーク接続アイコンメニューで選択します。新規および変更後の接続を使用することに関する詳細情報は、control-center GUI を使用したネットワーク接続」を参照してください。
既存の接続をさらに設定をするには、ネットワーク接続 ウィンドウ内でその接続を選択し、編集 をクリックして 編集 ダイアログに戻ります。
設定するには、以下のコマンドを実行します。