Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

8.13.5. 負荷分散ランナーの設定

このランナーは、アクティブとパッシブという 2 つのタイプの負荷分散に使用できます。アクティブモードでは、最近のトラフィックの統計値を使用して、トラフィックをできるだけ均一に共有することで、持続的なトラフィックの再分散が図られます。パッシブモードでは、トラフィックのストリームが利用可能なリンクにランダムに分配されます。この方法では処理オーバーヘッドが低くなることから、速度面で有利になります。トラフィックのボリュームが大きいアプリケーションでは、トラフィックは通常、利用可能なリンク間でランダムに分配される複数のストリームで構成されるため、この方法が好まれます。この方法により、teamd が介入することなく負荷共有が実施されます。
パッシブ送信 (Tx) 負荷分散機能向けに負荷分散ランナーを設定するには、root でエディターを使用して、以下をチームの JSON 形式設定ファイルに追加します。
{
 "device": "team0",
 "runner": {
   "name": "loadbalance",
   "tx_hash": ["eth", "ipv4", "ipv6"]
 },
 "ports": {"em1": {}, "em2": {}}
}
ハッシュベースのパッシブ送信 (Tx) 負荷分散の設定
アクティブ送信 (Tx) 負荷分散機能向けに負荷分散ランナーを設定するには、root でエディターを使用して、以下をチームの JSON 形式設定ファイルに追加します。
{
   "device": "team0",
   "runner": {
     "name": "loadbalance",
     "tx_hash": ["eth", "ipv4", "ipv6"],
     "tx_balancer": {
       "name": "basic"
     }
   },
   "ports": {"em1": {}, "em2": {}}
}
基本的ロードバランサーを使用したアクティブ送信 (Tx) 負荷分散の設定
詳細情報は、man ページの teamd.conf(5) を参照してください。