Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

8.13.8. ポート選択上書きの設定

フレームを送信する物理的なポートは、通常、チームドライバーのカーネル部分が選択するもので、ユーザーまたはシステム管理者とは関係がありません。出力ポートは、選択されたチームモード (teamd ランナー) のポリシーを使用して選択されます。ただし場合によっては、送信トラフィックの特定クラスを、特定の物理的インターフェースに向けて、やや複雑なポリシーを実装することが役に立つこともあります。デフォルトでは、チームドライバーはマルチキューを認識し、ドライバーが初期化されると 16 のキューが作成されます。キューの数を増減する必要がある場合は、Netlink 属性 tx_queues を使用して、チームドライバーのインスタンス作成中にこの値を変更できます。
ポートのキュー ID は、以下のようにポート設定オプション queue_id で設定できます。
{
  "queue_id": 3
}
これらのキュー ID を tc ユーティリティーと合わせて使うとマルチキューのキュー規範を設定でき、特定のポートデバイス上で特定のトラフィックが送信されるようにフィルターをかけることができます。たとえば、上記の設定を使用し、192.168.1.100 にバインドされているすべてのトラフィックを強制的に使用させる場合。 enp1s0 チームで出力デバイスとして、root で以下の形式のコマンドを実行します。
~]# tc qdisc add dev team0 handle 1 root multiq
~]# tc filter add dev team0 protocol ip parent 1: prio 1 u32 match ip dst \
  192.168.1.100 action skbedit queue_mapping 3
トラフィックを特定ポートにバインドするためにランナー選択論理を上書きするこのメカニズムは、すべてランナーに使用できます。