Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Linux

9.8. コマンドラインツール nmcli での IPoIB の設定

まず、デフォルトの IPoIB デバイスの名前変更が必要かどうかを判断します。必要な場合は、「70-persistent-ipoib.rules の使用」に記載の指示に従って、udev の名前変更ルールを使用してデバイスの名前を変更します。以下のように ib_ipoib カーネルモジュールを一旦削除してリロードすると、再起動せずに IPoIB インターフェースの名前変更ができます。
~]$ rmmod ib_ipoib
~]$ modprobe ib_ipoib
デバイスに必要な名前が付けられたら、nmcli ツールを使用して IPoIB インターフェースを作成します。以下に 2 とおりの方法を示します。

例9.1 2 つの別々のコマンドによる IPoIB の作成および修正

~]$ nmcli con add type infiniband con-name mlx4_ib0 ifname mlx4_ib0 transport-mode connected mtu 65520
Connection 'mlx4_ib0' (8029a0d7-8b05-49ff-a826-2a6d722025cc) successfully added.
~]$ nmcli con edit mlx4_ib0

===| nmcli interactive connection editor |===

Editing existing 'infiniband' connection: 'mlx4_ib0'

Type 'help' or '?' for available commands.
Type 'describe [>setting<.>prop<]' for detailed property description.

You may edit the following settings: connection, infiniband, ipv4, ipv6
nmcli> set infiniband.mac-address 80:00:02:00:fe:80:00:00:00:00:00:00:f4:52:14:03:00:7b:cb:a3
nmcli> save
Connection 'mlx4_ib3' (8029a0d7-8b05-49ff-a826-2a6d722025cc) successfully updated.
nmcli> quit
あるいは、以下のように nmcli c addnmcli c modify を 1 つのコマンドで実行することができます。

例9.2 1 つのコマンドによる IPoIB の作成および修正

nmcli con add type infiniband con-name mlx4_ib0 ifname mlx4_ib0 transport-mode connected mtu 65520  infiniband.mac-address 80:00:02:00:fe:80:00:00:00:00:00:00:f4:52:14:03:00:7b:cb:a3
これで mlx4_ib0 という名前の IPoIB インターフェースが作成され、connected モードを使用するように設定されました。MTU は connected モードの最大値で、IPv4 および IPv6DHCP が使われます。IPoIB インターフェースをクラスタートラフィックに使用し、イーサネットインターフェースをクラスター以外の通信に使用する場合は、デフォルトルートと IPoIB インターフェース上のデフォルトネームサーバーの無効化が必要になる可能性があります。これは、以下のように実行することができます。
~]$ nmcli con edit mlx4_ib0

===| nmcli interactive connection editor |===

Editing existing 'infiniband' connection: 'mlx4_ib0'

Type 'help' or '?' for available commands.
Type 'describe [>setting<.>prop<]' for detailed property description.

You may edit the following settings: connection, infiniband, ipv4, ipv6
nmcli> set ipv4.ignore-auto-dns yes
nmcli> set ipv4.ignore-auto-routes yes
nmcli> set ipv4.never-default true
nmcli> set ipv6.ignore-auto-dns yes
nmcli> set ipv6.ignore-auto-routes yes
nmcli> set ipv6.never-default true
nmcli> save
Connection 'mlx4_ib0' (8029a0d7-8b05-49ff-a826-2a6d722025cc) successfully updated.
nmcli> quit
P_Key インターフェースが必要な場合は、以下のように nmcli を使って作成します。
~]$ nmcli con add type infiniband con-name mlx4_ib0.8002 ifname mlx4_ib0.8002 parent mlx4_ib0 p-key 0x8002
Connection 'mlx4_ib0.8002' (4a9f5509-7bd9-4e89-87e9-77751a1c54b4) successfully added.
~]$ nmcli con modify mlx4_ib0.8002 infiniband.mtu 65520 infiniband.transport-mode connected ipv4.ignore-auto-dns yes ipv4.ignore-auto-routes yes ipv4.never-default true ipv6.ignore-auto-dns yes ipv6.ignore-auto-routes yes ipv6.never-default true