Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

8.11.3. ネットワークチーム内のポートへの設定適用

JSON 形式の設定をポートに適用するには、以下を実行します。 em1 ネットワークチームにおいて team0root で、以下の形式でコマンドを実行します。
~]# teamdctl team0 port config update em1 JSON-config-string
ここでの JSON-config-string は、JSON 形式での文字列による設定になります。これにより、提供された JSON 形式の文字列を使用しているポートの設定が更新されます。ポートを設定する有効な JSON 文字列の例は、以下のとおりです。
{
  "prio": -10,
  "sticky": true
}
JSON 設定文字列を単一引用符で囲み、改行は省略します。
古い設定は上書きされ、省略されたオプションはデフォルト値にリセットされることに注意してください。他のチームデーモンの制御ツールコマンド例については、teamdctl(8) man ページを参照してください。