Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.3.8. nmcli を使用した静的イーサネット接続の追加および設定

静的イーサネット接続の追加

静的な IPv4 設定を使用してイーサネット接続を追加するには、ip6 および gw6 オプション を使用して、
nmcli connection add type ethernet con-name connection-name ifname interface-name ip4 address gw4 address
IPv 6 アドレスとゲートウェイ情報を追加できます。
たとえば、IPv4 アドレスおよびゲートウェイを使用して静的イーサーネット接続を作成するには、以下のコマンドを実行します。
~]$ nmcli con add type ethernet con-name test-lab ifname ens9 ip4 10.10.10.10/24 \
gw4 10.10.10.254
必要に応じて、デバイスの IPv6 アドレスおよびゲートウェイを指定します。
~]$ nmcli con add type ethernet con-name test-lab ifname ens9 ip4 10.10.10.10/24 \
gw4 10.10.10.254 ip6 abbe::cafe gw6 2001:db8::1
Connection 'test-lab' (05abfd5e-324e-4461-844e-8501ba704773) successfully added.
2 つの IPv4 DNS サーバーアドレスを設定するには、以下のコマンドを実行します。
~]$ nmcli con mod test-lab ipv4.dns "8.8.8.8 8.8.4.4"
このコマンドにより、以前に設定された DNS サーバーが置換されることに注意してください。2 つの IPv6 DNS サーバーアドレスを設定するには、以下のコマンドを実行します。
~]$ nmcli con mod test-lab ipv6.dns "2001:4860:4860::8888 2001:4860:4860::8844"
このコマンドにより、以前に設定された DNS サーバーが置換されることに注意してください。別の方法では、+ 接頭辞を使って、新たな DNS サーバーを以前のセットに追加します。
~]$ nmcli con mod test-lab +ipv4.dns "8.8.8.8 8.8.4.4"
~]$ nmcli con mod test-lab +ipv6.dns "2001:4860:4860::8888 2001:4860:4860::8844"
新しいイーサネット接続を開くには、以下のコマンドを実行します。
~]$ nmcli con up test-lab ifname ens9
Connection successfully activated (D-Bus active path: /org/freedesktop/NetworkManager/ActiveConnection/6)
デバイスおよび接続のステータスを確認します。
~]$ nmcli device status
DEVICE  TYPE      STATE      CONNECTION
ens3    ethernet  connected  my-office
ens9    ethernet  connected  test-lab
lo      loopback  unmanaged  --
新規に設定した接続の詳細情報を表示するには、以下のコマンドを実行します。
~]$ nmcli -p con show test-lab
===============================================================================
                     Connection profile details (test-lab)
===============================================================================
connection.id:                          test-lab
connection.uuid:                        05abfd5e-324e-4461-844e-8501ba704773
connection.interface-name:              ens9
connection.type:                        802-3-ethernet
connection.autoconnect:                 yes
connection.timestamp:                   1410428968
connection.read-only:                   no
connection.permissions:
connection.zone:                        --
connection.master:                      --
connection.slave-type:                  --
connection.secondaries:
connection.gateway-ping-timeout:        0
[output truncated]
-p, --pretty オプションを使用すると、出力にタイトルバナーとセクション区切りが追加されます。

例3.10 インタラクティブエディターを使用した静的イーサネット接続の設定

インタラクティブエディターを使用した静的イーサネット接続を設定するには、以下のコマンドを実行します。
~]$ nmcli con edit type ethernet con-name ens3

===| nmcli interactive connection editor |===

Adding a new '802-3-ethernet' connection

Type 'help' or '?' for available commands.
Type 'describe [>setting<.>prop<]' for detailed property description.

You may edit the following settings: connection, 802-3-ethernet (ethernet), 802-1x, ipv4, ipv6, dcb
nmcli> set ipv4.addresses 192.168.122.88/24
Do you also want to set 'ipv4.method' to 'manual'? [yes]: yes
nmcli>
nmcli> save temporary
Saving the connection with 'autoconnect=yes'. That might result in an immediate activation of the connection.
Do you still want to save? [yes] no
nmcli> save
Saving the connection with 'autoconnect=yes'. That might result in an immediate activation of the connection.
Do you still want to save? [yes] yes
Connection 'ens3' (704a5666-8cbd-4d89-b5f9-fa65a3dbc916) successfully saved.
nmcli> quit
~]$
デフォルトの動作では、接続プロファイルが永続的に保存されます。必要な場合は save temporary コマンドで、プロファイルを次回の再起動時までメモリーにだけ保持することもできます。
NetworkManager は、内部パラメーター connection.autoconnectyes に設定します。NetworkManager は、その設定を /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-my-office に書き出します。ここで、対応する BOOTPROTO を none に設定し、ONBOOT を yes に設定します。
ifcfg ファイルへの手動の変更は、そのインターフェースが次に起動するまで、NetworkManager により認識されません。設定ファイルの使用方法については、「sysconfig ファイルによる NetworkManager の使用」「ifcfg ファイルを使用した IP ネットワークの設定」を参照してください。