Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.3.7. nmcli を使用した動的イーサネット接続の追加および設定

動的イーサネット接続を追加する

動的 IP 設定を使用してイーサネット設定プロファイルを追加するには、DHCP がネットワーク設定を割り当てできるようにします。
nmcli connection add type ethernet con-name connection-name ifname interface-name
たとえば、my-office という名前の動的接続を作成するには、以下のコマンドを実行します。
~]$ nmcli con add type ethernet con-name my-office ifname ens3
Connection 'my-office' (fb157a65-ad32-47ed-858c-102a48e064a2) successfully added.
イーサネット接続を開くには、以下のコマンドを実行します。
~]$ nmcli con up my-office
Connection successfully activated (D-Bus active path: /org/freedesktop/NetworkManager/ActiveConnection/5)
デバイスおよび接続のステータスを確認します。
~]$ nmcli device status
DEVICE  TYPE      STATE         CONNECTION
ens3    ethernet  connected     my-office
ens9    ethernet  disconnected  --
lo      loopback  unmanaged     --

動的イーサネット接続の設定

ホストから DHCP サーバーに送信されたホスト名を変更するには、dhcp-hostname プロパティーを修正します。
~]$ nmcli con modify my-office my-office ipv4.dhcp-hostname host-name ipv6.dhcp-hostname host-name
ホストから DHCP サーバーに送信された IPv4 クライアント ID を変更するには、dhcp-client-id プロパティーを修正します。
~]$ nmcli con modify my-office my-office ipv4.dhcp-client-id client-ID-string
IPv6 には dhcp-client-id プロパティーがないため、dhclientIPv6 の識別子を作成します。詳細は、dhclient(8) man ページを参照してください。
DHCP サーバーでホストに送信された DNS サーバーを無視するには、ignore-auto-dns プロパティーを修正します。
~]$ nmcli con modify my-office my-office ipv4.ignore-auto-dns yes ipv6.ignore-auto-dns yes
プロパティーおよびそれらの設定に関する詳細情報は、nm-settings(5) man ページを参照してください。

例3.9 インタラクティブエディターを使用した動的イーサネット接続の設定

インタラクティブエディターを使用して動的イーサネット接続を設定するには、次のコマンドを実行します。
~]$ nmcli con edit type ethernet con-name ens3

===| nmcli interactive connection editor |===

Adding a new '802-3-ethernet' connection

Type 'help' or '?' for available commands.
Type 'describe [<setting>.<prop>]' for detailed property description.

You may edit the following settings: connection, 802-3-ethernet (ethernet), 802-1x, ipv4, ipv6, dcb
nmcli> describe ipv4.method

=== [method] ===
[NM property description]
IPv4 configuration method.  If 'auto' is specified then the appropriate automatic method (DHCP, PPP, etc) is used for the interface and most other properties can be left unset.  If 'link-local' is specified, then a link-local address in the 169.254/16 range will be assigned to the interface.  If 'manual' is specified, static IP addressing is used and at least one IP address must be given in the 'addresses' property.  If 'shared' is specified (indicating that this connection will provide network access to other computers) then the interface is assigned an address in the 10.42.x.1/24 range and a DHCP and forwarding DNS server are started, and the interface is NAT-ed to the current default network connection.  'disabled' means IPv4 will not be used on this connection.  This property must be set.

nmcli> set ipv4.method auto
nmcli> save
Saving the connection with 'autoconnect=yes'. That might result in an immediate activation of the connection.
Do you still want to save? [yes] yes
Connection 'ens3' (090b61f7-540f-4dd6-bf1f-a905831fc287) successfully saved.
nmcli> quit
~]$
デフォルトの動作では、接続プロファイルが永続的に保存されます。必要な場合は save temporary コマンドで、プロファイルを次回の再起動時までメモリーにだけ保持することもできます。