Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

7.4.4. チャンネルボンディングのアクティブ化

ボンドをアクティブにするには、すべてのスレーブを有効にします。root で以下のコマンドを実行します。
~]# ifup ifcfg-enp1s0
Connection successfully activated (D-Bus active path: /org/freedesktop/NetworkManager/ActiveConnection/7)
~]# ifup ifcfg-enp2s0
Connection successfully activated (D-Bus active path: /org/freedesktop/NetworkManager/ActiveConnection/8)
すでにupとなっているインターフェースのインターフェースファイルを編集する場合は、以下のようにまず最初にそれらを down にします。
ifdown device_name
これが完了した後、すべてのスレーブを有効にすることで、ボンドが有効になります (down に設定されていないことが前提)。
NetworkManager にこれらの変更を認識させるには、変更されたすべてのインターフェースに、root で以下のコマンドを実行します。
~]# nmcli con load /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-device
または、すべてのインターフェースをリロードします。
~]# nmcli con reload
デフォルトでは、NetworkManager は変更を認識せず、変更前の設定データの使用を継続します。これは、NetworkManager.conf ファイルの monitor-connection-files オプションで設定されます。詳細情報は、NetworkManager.conf(5) man ページを参照してください。
ボンドインターフェースのステータスを表示するには、以下のコマンドを実行します。
~]# ip link show
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN mode DEFAULT
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
2: enp1s0: <BROADCAST,MULTICAST,SLAVE,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast master bond0 state UP mode DEFAULT qlen 1000
    link/ether 52:54:00:e9:ce:d2 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
3: enp2s0: <BROADCAST,MULTICAST,SLAVE,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast master bond0 state UP mode DEFAULT qlen 1000
    link/ether 52:54:00:38:a6:4c brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
4: bond0: <BROADCAST,MULTICAST,MASTER,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc noqueue state UP mode DEFAULT
    link/ether 52:54:00:38:a6:4c brd ff:ff:ff:ff:ff:ff