8.14. GUI を使用したネットワークチームの作成

8.14.1. チーム接続の確立

nm-connection-editor を使って、NetworkManager に 2 つ以上の有線もしくは InfiniBand 接続からチームを作成するよう指示できます。接続が最初にチーミングされている必要はありません。チームを設定するプロセスの一部として設定することが可能です。この設定プロセスを完了するには、利用可能なインターフェースの MAC アドレスが必要です。

手順8.1 nm-connection-editor を使用して新規チーム接続を追加する

新規チーム接続を追加するには、以下のステップに従います。
  1. ターミナルで nm-connection-editor と入力します。
    ~]$ nm-connection-editor
  2. 追加 ボタンをクリックします。接続の種類の選択 ウィンドウが表示されます。チーム を選択して 作成 をクリックします。チーム接続 1 の編集 ウィンドウが表示されます。
    NetworkManager グラフィカルユーザーインターフェースの追加メニュー

    図8.6 NetworkManager グラフィカルユーザーインターフェースの追加メニュー

  3. Team タブで 追加 をクリックし、Team 接続で使用するインターフェースのタイプを選択します。作成 ボタンをクリックします。ポートタイプを選択するダイアログが表示されるのは、最初のポートを作成する時のみです。その後は、すべてのポートに同じタイプが自動的に使われます。
  4. team0 スレーブ 1 の編集 ウィンドウが表示されます。
    NetworkManager グラフィカルユーザーインターフェースのスレーブ接続追加

    図8.7 NetworkManager グラフィカルユーザーインターフェースのスレーブ接続追加

  5. カスタムのポート設定を適用する場合は、Team ポート タブをクリックして JSON 設定文字列を入力するか、ファイルからインポートします。
  6. 保存 ボタンをクリックします。
  7. チーミングされたポート名が Team 接続 ウィンドウに表示されます。さらにポート接続を追加するには、追加 ボタンをクリックしてします。
  8. 設定を確認してから 保存 ボタンをクリックします。
  9. チーム固有の設定は、「チームタブの設定」を参照してください。

手順8.2 既存のチーム接続を編集する

既存のチーム接続を編集するには以下の手順に従います。
  1. ターミナルで nm-connection-editor と入力します。
    ~]$ nm-connection-editor
  2. 編集する接続を選択して、編集 ボタンをクリックします。
  3. 全般 タブを選択します。
  4. 編集 ダイアログの 全般 タブにある 5 つの設定は、ほとんどの接続の種類で共通のものです。
    • Connection name - 分かりやすい名前でネットワーク接続名を入力します。この名前は、Network ウィンドウメニューの接続名一覧に表示されます。
    • Connection priority for auto-activation - 接続が自動接続に設定されている場合は、番号がアクティブになります (デフォルトでは 0)。番号が大きくなれば、優先順位が高くなります。
    • Automatically connect to this network when it is available - このチェックボックスを選択すると、NetworkManager が利用可能なときにこの接続に自動接続します。詳細は「control-center を使用した既存の接続の編集」を参照してください。
    • All users may connect to this network - このチェックボックスを選択すると、システムですべてのユーザーが利用できる接続が作成されます。この設定を変更するには root 権限が必要になる場合があります。詳細は「GUI を使用したシステム全体およびプライベート接続プロファイルの管理」を参照してください。
    • この接続を使用したときは自動的に VPN に接続する - このボックスを選択すると、この接続が利用可能な時に NetworkManager が自動で選択した VPN に接続します。ドロップダウンメニューから VPN を選択します。
    • ファイアウォールゾーン - ドロップダウンメニューからファイアウォールゾーンを選択します。ファイアウォールゾーンに関する詳細情報は、『Red Hat Enterprise Linux 7 セキュリティーガイド』を参照してください。
  5. チーム固有の設定は、「チームタブの設定」を参照してください。

新規 (または修正した) 接続を保存して他の設定を行う

チーム接続の編集が終わったら、保存 ボタンをクリックしてカスタマイズした設定を保存します。
そして、以下のいずれかの設定をします。

8.14.1.1. チームタブの設定

すでに新規チーム接続が追加されている場合は、カスタムの JSON 設定文字列をテキストボックスに入力するか、設定ファイルをインポートできます。保存 をクリックすると、JSON 設定がチームインターフェースに適用されます。
JSON 文字列の例については、「teamd ランナーの設定」を参照してください。
新規チームの追加方法は手順8.1「nm-connection-editor を使用して新規チーム接続を追加する」を参照してください。

注記

Red Hat Customer Portal Labs は、環境とデプロイメントの目標に基づいて、ネットワークチームを自動的に生成する Network Teaming Helper を提供します。Network Teaming Helper を使用すると、有効かつ推奨される設定を簡単に生成できます。