Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.3.11. 特定のデバイスを無視するように NetworkManager を設定

デフォルトでは、NetworkManager は lo (loopback) デバイス以外のすべてのデバイスを管理します。ただし、特定のデバイスを unmanaged に設定すると、NetworkManager がこのデバイスを無視するように設定できます。この設定では、スクリプトなどを使用して、このデバイスを手動で管理できます。

3.3.11.1. NetworkManager で、デバイスを Unmanaged (管理外) として永続的に設定

インターフェース名、MAC アドレス、デバイスタイプなどのいくつかの基準に基づいてデバイスを unmanaged として設定できます。この手順では、NetworkManager で、enp1s0 インターフェースを管理対象外として永続的に設定する方法を説明します。
一時的にネットワークデバイスを unmanaged として設定する場合は、「NetworkManager でデバイスの非管理として一時的に設定」を参照してください。

手順

  1. 必要に応じて、デバイスの一覧を表示して、管理対象外 に設定するデバイスを特定します。
    # nmcli device status
    DEVICE  TYPE      STATE         CONNECTION
    enp1s0  ethernet  disconnected  --
    ...
  2. 以下の内容で /etc/NetworkManager/conf.d/99-unmanaged-devices.conf ファイルを作成します。
    [keyfile]
    unmanaged-devices=interface-name:enp1s0
    複数のデバイスを管理対象外に設定するには、unmanaged-devices パラメーターのエントリーをセミコロンで区切ります。
    [keyfile]
    unmanaged-devices=interface-name:interface_1;interface-name:interface_2;...
  3. NetworkManager サービスを再読み込みします。
    # systemctl reload NetworkManager

検証手順

  • デバイスの一覧を表示します。
    # nmcli device status
    DEVICE  TYPE      STATE      CONNECTION
    enp1s0  ethernet  unmanaged  --
    ...
    enp1s0 デバイスの横にある 管理対象外 状態は、NetworkManager がこのデバイスを管理していないことを示しています。

関連情報

デバイスを非管理対象と、対応する構文に設定するのに使用できる基準の一覧は、man ページの NetworkManager.conf(5) の『Device List Format』セクションを参照してください。