第13章 DHCP サーバー

DHCP (Dynamic Host Configuration Protocol: 動的ホスト構成プロトコル) は、クライアントマシンに TCP/IP 情報を自動的に割り当てるネットワークプロトコルです。各 DHCP クライアントは、中央に配置された DHCP サーバーに接続します。DHCP サーバーは、クライアントのネットワーク設定情報 (IP アドレス、ゲートウェイ、DNS サーバーなど) を返します。

13.1. DHCP を使用する理由

DHCP は、クライアントネットワークインターフェースの自動設定に便利なものです。クライアントシステムの設定時に、IP アドレスやネットマスク、ゲートウェイ、DNS サーバーを指定する代わりに DHCP を選択できます。クライアントはこれらの情報を DHCP サーバーから取得します。多数のシステムの IP アドレスを変更する際にも DHCP は便利です。すべてのシステムを設定する代わりに、サーバーで新たな IP アドレスを 1 つの設定ファイルで編集できます。組織の DNS サーバーが変更される際は、DHCP クライアントではなく、DHCP サーバー上で変更が実施されます。ネットワークを再起動するかクライアントを再起動すれば、変更が反映されます。
機能している DHCP サーバーをネットワークに正常に接続していれば、ノートパソコンや他のモバイルコンピューターのユーザーはそれらのデバイスをあるオフィスから別のオフィスに移動して使用できます。
DNS および DHCP サーバー、またプロビジョニングアプリケーションの管理者は、組織内で使用するホスト名の形式について合意する必要があることに留意してください。ホスト名の形式については、「推奨される命名プラクティス」を参照してください。