Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

2.7.2. NetworkManager の更新

Red Hat Enterprise Linux 7 には、NetworkManager の更新バージョンが含まれており、多くの機能強化と新機能をいくつか提供しています。

  • nmcli ツールは、nmcli con edit および nmcli con modify コマンドを使った接続の編集をサポートします。
  • ネットワーク設定およびネットワーク接続管理には、新たなテキストベースのユーザーインターフェース (nmtui) が簡素化されたコンソールベースのツールを提供します。これは、system-config-network-tui ツールに代わるものです。
  • これまで NetworkManager は、認識しないインターフェース (Ethernet、Infiniband、WiFi、Bridge、Bond、および VLAN 以外のインターフェース) を無視していました。現在は、ip link が検出したネットワークインターフェースはすべて NetworkManager が認識するようになり、これを nmcli のような D-Bus インターフェースやクライアントで公開します。これにより、NetworkManagerip のようなツールと同様のものになっています。
  • NetworkManager は、Ethernet、InfiniBand、Bridge、Bond、VLAN、Team など、ネイティブに設定可能なインターフェースを非破壊的に所有するようになりました。これらのインターフェースが NetworkManager の起動もしくは再起動前に設定されても、以前に設定された接続は切断されません。これは、NM_CONTROLLED オプションが必要なくなったことを意味します。
  • ネットワーク接続性、ホットスポット、ポータルのチェックをサポートします。この動作は、デフォルトでは無効になっています。
  • チームインターフェースをサポートします。
  • GRE、macvlan、macvtap、tun、tap、veth、および vxlan デバイスの基本的かつ非ネイティブサポートです。
  • 新たな NetworkManager-config-server パッケージが、サーバーに適切なデフォルトを提供します。たとえば、キャリアの変更無視や、デフォルト DHCP 接続を作成しないなどです。
  • NetworkManager.conf の新たな dns=none 設定オプションにより、NetworkManagerresolv.conf ファイルを変更しないようにします。
  • ユーザーのすばやいスイッチングをサポートします。
  • インターフェースの MAC アドレスに追加、もしくはその代わりに使用するインターフェース名への接続固定をサポートします。

この更新により、動作をモニターする設定ファイルも変更されます。NetworkManager は、ディスク上の設定ファイルの変更をモニターしなくなりました。代わりに、nmcli con reload コマンドで手動で変更した設定ファイルをリロードする必要があります。