Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

2.2. インストールおよび起動

このセクションでは、Red Hat Enterprise Linux 6 と Red Hat Enterprise Linux 7 との間になされたインストールツールおよびプロセスの変更の概要について説明します。

2.2.1. 新ブートローダー

Red Hat Enterprise Linux 7 では、GRUB2 ブートローダーが導入されています。これは、Red Hat Enterprise Linux 7.0 およびそれ以降でのレガシー GRUB に代わるものです。GRUB2 は、以前のものよりも多くのファイルシステムと仮想ブロックデバイスをサポートします。利用可能なオペレーティングシステムを自動的にスキャンして、その設定を行います。ユーザーインターフェースも改善され、ユーザーはブートローダーのインストールを省略することができます。

ただし、GRUB2 への移行により、MBR 形式のパーティションテーブルを持つ BIOS マシンでフォーマットされたパーティションに、ブートローダーをインストールすることができなくなります。一部のファイルシステムでコアブートローダーイメージの一部を移動する最適化機能が自動化され、GRUB レガシーブートローダーが破壊されることがあるため、この動作が変更になりました。GRUB2 では、ブートローダーが、MBR (Master Boot Record) 形式のパーティションテーブルを持つ BIOS マシンのパーティションテーブルと、最初のパーティションとの間で利用可能な領域にインストールされます。GPT (GUID Partition Table) 形式のパーティションテーブルを持つ BIOS マシンでは、ブートローダー用に特別な BIOS 起動パーティションを作成する必要があります。UEFI マシンでは、引き続きブートローダーを EFI システムパーティションにインストールできます。

ブートローダーが新しくなったため、推奨されるパーティションの最小サイズが変更しました。表2.1「推奨される最小パーティションサイズ」 では、新しい推奨事項の概要を説明します。詳細は Red Hat Enterprise Linux 7 Installation Guideセクション 6.14.1.1 MBR と GPT に関する注意点 を参照してください。

表2.1 推奨される最小パーティションサイズ

パーティションBIOS & MBRBIOS & GPTUEFI & GPT

/boot

500 MB

/

10 GB

swap

RAM の 2 倍以上。 セクション 6.10.4.5 を参照してください。詳細は、Red Hat Enterprise Linux 7 インストールガイドの推奨されるパーティショニングスキームを参照してください。

ブートローダー

該当なし (パーティションテーブルと最初のパーティションの間にインストールされる)

ファイルシステムが破損するというリスクを承知の上で、force オプションを使用して手動で GRUB2 をフォーマット済みのパーティションにインストールするか、別のブートローダーを使用します。別のブートローダーの一覧は、『Red Hat Enterprise Linux 7 インストールガイド』を参照してください。これは、http://access.redhat.com/site/documentation/Red_Hat_Enterprise_Linux/ から入手できます。

デュアルブートシステムがある場合は、GRUB2 のオペレーティングシステム検出を使用して、どちらのオペレーティングシステムも起動できる設定ファイルを自動的に書き込みます。

# grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg
重要

UEFI の使用に基づいているデュアルブートがある場合は、MBR レガシーベース以外のメカニズムを使用することに注意してください。EFI 固有の grub2 コマンドを使用する必要がないことを示しています。

# grub2-mkconfig -o /boot/efi/EFI/redhat/grub.cfg

2.2.1.1. デバッグに使用するデフォルトのブートエントリー

systemd のデフォルトのブートエントリーが /etc/grub.cfg ファイルに追加されました。手動でデバッグを有効にする必要はありません。デフォルトのブートエントリーを使用すれば、ブート時にオプションに影響を与えずにシステムをデバッグすることができます。