Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

2.5.2. Btrfs テクノロジープレビュー

Red Hat Enterprise Linux 7 では、テクノロジープレビューとして btrfs を導入しています。Btrfs は次世代 Linux ファイルシステムで、高度な管理、信頼性、および拡張性機能を提供します。Btrfs はメタデータとともにファイルのチェックサム検証を提供します。また、スナップショットおよび圧縮の機能、統合デバイス管理を提供します。

XFS に関する Red Hat サポート制限の詳細は、https://access.redhat.com/site/articles/rhel-limits から入手できます 。テクノロジープレビュー機能に対するサポートレベルの詳細は、https://access.redhat.com/site/support/offerings/techpreview/ を参照してください。

btrfs の使用および管理に関する詳細は、http://access.redhat.com/site/documentation/Red_Hat_Enterprise_Linux/ から入手できる『Red Hat Enterprise Linux 7 ストレージ管理ガイド』を参照してください。

2.5.2.1. btrfs のキックスタート

キックスタートファイルでは、システムでパーティションを作成する場合に、通常は以下のように part コマンドを --fstype とともに使用して、特定のファイルシステムを使用したパーティションを作成します。

part /mnt/example --fstype=xfs

ただし、Red Hat Enterprise Linux 7.0 および 7.1 では、btrfs はファイルシステムタイプではなくデバイスタイプとして取り扱われます。したがって、btrfs--fstype パラメーターの有効な値ではありません。代わりに、以下のように btrfs コマンドを使用して btrfs ボリュームを定義します。

btrfs mount_point --data=level --metadata=level --label=label partitions