Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

2.5. ファイルシステムのフォーマット

このセクションでは、Red Hat Enterprise Linux 6 と Red Hat Enterprise Linux 7 との間でなされたファイルシステムフォーマットのサポート変更の概要について説明しています。

2.5.1. 新デフォルトファイルシステム: XFS

XFS は非常に高パフォーマンスのスケーラブルなファイルシステムで、日常的に要求が非常に高い環境で導入されています。Red Hat Enterprise Linux 7 では、XFS がデフォルトのファイルシステムとなっており、全アーキテクチャーでサポートされています。

Ext4 サイズ拡張は XFS のものと同じではありませんが、全アーキテクチャーで完全にサポートされており、引き続きアクティブな開発とサポートが行われます。

XFS に関する Red Hat サポート制限の詳細は、https://access.redhat.com/site/articles/rhel-limits から入手できます 。

XFS ファイルシステムの使用および管理に関する詳細は、http://access.redhat.com/site/documentation/Red_Hat_Enterprise_Linux/ から入手できる『Red Hat Enterprise Linux 7 ストレージ管理ガイド』を参照してください。

2.5.1.1. マウントオプションの変更

ext3 と ext4 とは異なり、XFS ファイルシステムはデフォルトで user_xattr および acl マウントオプションを有効にします。つまり、これらのオプションをコマンドラインもしくは /etc/fstab に含めると、以下のようなエラーが出ることになります。

$ mount -o acl /dev/loop0 test
mount: wrong fs type, bad option, bad superblock on /dev/loop0,
    missing codepage or helper program, or other error

    In some cases useful info is found in syslog - try
    dmesg | tail or so.

ext3 および ext4 ファイルシステムは、デフォルトではその属性を有効にせず、mount コマンドもしくは /etc/fstab でこのファイルシステムをマウントする場合に、そのオプションを受け付けます。