2.10. 開発者ツール

このセクションでは、Red Hat Enterprise Linux 6 と Red Hat Enterprise Linux 7 との間でなされた開発者ツール変更の概要について説明しています。

2.10.1. Red Hat Developer Toolset

Red Hat Developer Toolset は、個別の高速ライフサイクルで、最新バージョンの安定したオープンソース開発者ツールを提供します。Red Hat では、アクティブな Red Hat Developer サブスクリプションをお持ちの場合にご利用いただけます。
Red Hat Developer Toolset 2 は現在、Red Hat Enterprise Linux 7 上でのアプリケーション開発をサポートしていません。ただし、Red Hat Developer Toolset は Red Hat Enterprise Linux 6 上でのアプリケーション開発をサポートしており、これらのアプリケーションは、サポート対象の Red Hat Enterprise Linux 6 のマイナーリリースもしくは Red Hat Enterprise Linux 7 で導入できます。

2.10.2. 互換性ライブラリー

Red Hat Enterprise Linux 7 には、以前のリリースの Red Hat Enterprise Linux からのインターフェースをサポートする互換性ライブラリーが同梱されます。このライブラリーは、Red Hat の互換性ポリシーおよび Red Hat の判断に従って同梱されます。詳細は Red Hat Enterprise Linux: Application Compatibility Guide を参照してください。
以下の互換性ライブラリーが Red Hat Enterprise Linux 7 に含まれています。

表2.5 互換性ライブラリー

ライブラリー
対象インターフェースがデフォルトとなっている最新リリース
compat-db47
Red Hat Enterprise Linux 6
compat-libcap1
Red Hat Enterprise Linux 5
compat-libf2c-34
Red Hat Enterprise Linux 4
compat-libgfortran-41
Red Hat Enterprise Linux 5
compat-openldap
Red Hat Enterprise Linux 5
libpng12
Red Hat Enterprise Linux 5
openssl098e
Red Hat Enterprise Linux 5
compat-dapl
Red Hat Enterprise Linux 5
compat-libtiff3
Red Hat Enterprise Linux 6
compat-libstdc++-33
Red Hat Enterprise Linux 3 (オプションのリポジトリーのみ)
Red Hat Enterprise Linux 7 には、compat-gcc-44 パッケージおよび compat-gcc-44-c++ パッケージも含まれています。これらは Red Hat Enterprise Linux 6 に同梱されたシステムコンパイラーを表すもので、compat-glibc パッケージとともに、レガシーソフトウェアの構築およびリンクに使用することができます。