Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

2.9. デスクトップ

このセクションでは、Red Hat Enterprise Linux 6 と Red Hat Enterprise Linux 7 との間でなされたサポート対象のデスクトップユーザー環境の変更概要について説明しています。

このセクションでは、Red Hat Enterprise Linux 7 での新デスクトップ環境でユーザーが予期する主な変更点のみ説明されています。詳細は、http://access.redhat.com/site/documentation/Red_Hat_Enterprise_Linux/ の『Red Hat Enterprise Linux 7 Desktop Migration and Administration Guide』を参照してください。

2.9.1. 新たなデフォルトのデスクトップ環境 (GNOME Classic)

GNOME Classic は、Red Hat Enterprise Linux 7 における GNOME 3 デスクトップ環境のデフォルトセッションです。この環境は、GNOME 3 デスクトップ環境への拡張セットとして提供されており、慣れ親しんだ GNOME 2 のルックアンドフィールを維持している一方で、強力な新機能が含まれています。

GNOME Classic のユーザーインターフェイスは、以下の 2 つの主要コンポーネントで構成されています。

トップバー

画面最上部にあるこのバーは、アプリケーションと場所メニューを表示します。

アプリケーションメニューからは、システム上のアプリケーションにアクセスできます。アプリケーションは、いくつものカテゴリーに分けられています。このメニューからは新しいアクティビティ画面にもアクセスでき、ここでは開いているウィンドウ、ワークスペース、メッセージ、システム通知を簡単に見ることができます。

場所メニューは、トップバーのアプリケーションメニューの横に表示されます。ユーザーは、ここから ダウンロード写真 などの重要なディレクトリーに簡単にアクセスできます。

タスクバー
タスクバーは画面の一番下に表示され、ウィンドウ一覧や通知アイコン、現在のワークスペースのショート ID、利用可能なワークスペースの合計数を表示します。

GNOME Classic とその機能の完全ガイド、および Red Hat Enterprise Linux 7 で利用可能な他のデスクトップ環境については、http://access.redhat.com/site/documentation/Red_Hat_Enterprise_Linux/ の『Red Hat Enterprise Linux 7 デスクトップの移行および管理ガイド』を参照してください。