Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.3.13. ボリュームグループメタデータのバックアップ

メタデータのバックアップとアーカイブは、lvm.conf ファイルで無効になっていない限り、ボリュームグループまたは論理ボリューム設定の変更時に自動的に作成されます。デフォルトでは、メタデータのバックアップは /etc/lvm/backup ファイルに保存され、メタデータのアーカイブは /etc/lvm/archive ファイルに保存されます。vgcfgbackup コマンドを使用すると、手動でメタデータを /etc/lvm/backup ファイルにバックアップできます。
vgcfgrestore コマンドは、ボリュームグループのメタデータを、アーカイブからボリュームグループのすべての物理ボリュームに復元します。
vgcfgrestore コマンドを使用して物理ボリュームのメタデータを復元する例は、「物理ボリュームメタデータの復元」 を参照してください。