第6章 LVM トラブルシューティング

本章では、さまざまな LVM の問題のトラブルシューティング手順について説明します。

6.1. トラブルシューティング診断

コマンドが期待通りに機能しない場合は、以下の方法で診断情報を収集できます。
  • 任意のコマンドに -v-vv-vvv-vvvv のいずれかの引数を使用して、出力の詳細レベルを徐々に高くしていくことができます
  • 問題が論理ボリュームのアクティブ化に関連している場合は、設定ファイルの log セクションに activation = 1 と設定して、-vvvv 引数を付けてコマンドを実行します。この出力を検証したら、このパラメーターを 0 に戻し、低メモリー状況で起こり得るマシンのロッキング問題を回避します。
  • lvmdump コマンドを実行すると、診断目的の情報ダンプが提供されます。詳細は lvmdump(8) man ページで参照してください。
  • 追加のシステム情報を得るには、lvs -vpvs -a、または dmsetup info -c コマンドを実行します。
  • /etc/lvm/backup ファイル内のメタデータの最近のバックアップと /etc/lvm/archive ファイル内のアーカイブバージョンを検証します。
  • lvmconfig コマンドを実行して、現在の設定情報をチェックします。
  • 物理ボリュームを持つデバイスについての記録を調べるために、/etc/lvm ディレクトリーの .cache ファイルをチェックします。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。