Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

C.4. 時間値の指定

LVM 選択の時間値を指定する場合は、「標準的な時間選択形式」 および 「自由な形式の時間選択形式」 で説明されているように、標準化された時間指定形式またはよりフリーフォームの仕様のいずれかを使用できます。
レポート/時間形式設定オプションで時間値が表示される方法は、/etc/lvm/lvm.conf 設定ファイルで指定できます。このオプションの指定に関する情報は、lvm.conf ファイルで提供されています。
時間値を指定する場合は、表C.3「選択基準比較演算子」 の説明に従って、から、、、および それ以前より も比較演算子のエイリアスを使用できます。

C.4.1. 標準的な時間選択形式

LVM 選択の時間値は、以下の形式で指定できます。
date time timezone
表C.15「時間仕様形式」 には、これらの時間の値を指定するときに使用できる形式をまとめています。

表C.15 時間仕様形式

フィールドフィールド値
date
YYYY-MM-DD
YYYY-MM、auto DD=1
YYYY、auto MM=01、および DD=01
時間
hh:mm:ss
hh:mm、auto ss=0
hh、auto mm=0、auto ss=0
timezone (常に + または - 記号が使用される)
+hh:mm または -hh:mm
+hh または -hh
完全な日付/時間仕様は YYYY-MM-DD hh:mm:ss です。ユーザーは日付/時間部分を右から左の順序で省略できます。これらの部分が省略されると、秒単位で範囲が自動的に計算されます。以下に例を示します。
  • "2015-07-07 9:51" は、"2015-07-07 9:51:00"〜"2015-07-07 9:51:59" の範囲を意味します。
  • "2015-07" は "2015-07-01 0:00:00"〜"2015-07-31 23:59:59" の範囲を意味します。
  • "2015" は "2015-01-01 0:00:00"〜"2015-12-31 23:59:59" の範囲を意味します。
以下の例は、選択基準で使用される日付/時間仕様を示しています。
lvs -S 'time since "2015-07-07 9:51"'
lvs -S 'time = "2015-07""
lvs -S 'time = "2015"'