Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

2.3.2. ストライプ化論理ボリューム

LVM 論理ボリュームにデータを書き込む際に、ファイルシステムは、基になる物理ボリューム全体にデータを分配します。このとき、ストライプ化論理ボリュームを作成すると、データを物理ボリュームに書き込む方法を制御できます。順次の読み取りおよび書き込みが大量に行われる場合には、これによりデータ I/O の効率を向上できます。
ストライピングは、ラウンドロビン式で、指定した数の物理ボリュームにデータを書き込んでいくことで、パフォーマンスを向上させます。I/O は、ストライピングでは並行して実行されます。これにより、ストライプで追加される各物理ボリュームでは、ほぼ直線的なパフォーマンスの向上が期待できます。
以下は、3 つの物理ボリュームにデータがストライプ化されている状態を示しています。この図は、以下のようになります。
  • データの 1 番目のストライプは、1 番目の物理ボリュームに書き込まれます。
  • データの 2 番目のストライプは、2 番目の物理ボリュームに書き込まれます。
  • データの 3 番目のストライプは、3 番目の物理ボリュームに書き込まれます。
  • データの 4 番目のストライプは、1 番目の物理ボリュームに書き込まれます。
ストライプ化された論理ボリュームでは、ストライプのサイズは、エクステントのサイズより小さくなります。

図2.5 3 つの PV にまたがるデータのストライピング

3 つの PV にまたがるデータのストライピング
ストライプ化論理ボリュームは、別のデバイスセットを最初のセットの末端に連結すれば拡張できます。ストライプ化論理ボリュームを拡張するには、ストライプに対応するボリュームグループを構成する、基になる物理ボリュームセットに、十分な空き領域が必要です。たとえば、ボリュームグループ全域を使用している 2 way ストライプがある場合は、そのボリュームグループに物理ボリュームを 1 つだけ追加しても、ストライプは拡張できません。ボリュームグループには物理ボリュームを 2 つ以上追加する必要があります。ストライプ化ボリュームの拡張に関する詳細は、「ストライプ化ボリュームの拡張」 を参照してください。