C.6. 選択基準処理の例

このセクションでは、LVM 論理ボリュームを処理するコマンドで選択基準を使用する方法を示す一連の例を提供します。
この例は、シンスナップショットを含む論理ボリュームのグループの初期設定を示しています。シンスナップショットには "skip activation" フラグがデフォルトで設定されています。また、この例には、"skip activation" フラグが設定された論理ボリューム lvol4 も含まれます。
# lvs -o name,skip_activation,layout,role
  LV    SkipAct         Layout      Role                        
  root                  linear      public                      
  swap                  linear      public                      
  lvol1                 thin,sparse public                      
  lvol2                 thin,sparse public,origin,thinorigin    
  lvol3 skip activation thin,sparse public,snapshot,thinsnapshot
  lvol4 skip activation linear      public                      
  pool                  thin,pool   private
以下のコマンドは、シンスナップショットであるすべての論理ボリュームから skip activation フラグを削除します。
# lvchange --setactivationskip n -S 'role=thinsnapshot'
  Logical volume "lvol3" changed.
以下のコマンドは、lvchange コマンドの実行後に論理ボリュームの設定を表示します。"skip activation" フラグはシンスナップショットではない論理ボリュームから設定解除されていないことに注意してください。
# lvs -o name,active,skip_activation,layout,role
  LV    Active SkipAct         Layout      Role                        
  root  active                 linear      public                      
  swap  active                 linear      public                      
  lvol1 active                 thin,sparse public                      
  lvol2 active                 thin,sparse public,origin,thinorigin    
  lvol3                        thin,sparse public,snapshot,thinsnapshot
  lvol4 active skip activation linear      public                      
  pool  active                 thin,pool   private
以下のコマンドは、追加のシン作成元/スナップショットボリュームが作成されたあとに論理ボリュームの設定を表示します。
# lvs -o name,active,skip_activation,origin,layout,role
  LV    Active SkipAct         Origin Layout      Role                        
  root  active                        linear      public                      
  swap  active                        linear      public                      
  lvol1 active                        thin,sparse public                      
  lvol2 active                        thin,sparse public,origin,thinorigin    
  lvol3                        lvol2  thin,sparse public,snapshot,thinsnapshot
  lvol4 active skip activation        linear      public                      
  lvol5 active                        thin,sparse public,origin,thinorigin    
  lvol6                        lvol5  thin,sparse public,snapshot,thinsnapshot
  pool  active                        thin,pool   private
以下のコマンドは、シンスナップショットボリュームであり、作成元ボリュームが lvol2 の論理ボリュームをアクティブ化します。
# lvchange -ay -S 'lv_role=thinsnapshot && origin=lvol2'

# lvs -o name,active,skip_activation,origin,layout,role
  LV    Active SkipAct         Origin Layout      Role                        
  root  active                        linear      public                      
  swap  active                        linear      public                      
  lvol1 active                        thin,sparse public                      
  lvol2 active                        thin,sparse public,origin,thinorigin    
  lvol3 active                 lvol2  thin,sparse public,snapshot,thinsnapshot
  lvol4 active skip activation        linear      public                      
  lvol5 active                        thin,sparse public,origin,thinorigin    
  lvol6                        lvol5  thin,sparse public,snapshot,thinsnapshot
  pool  active                        thin,pool   private
アイテム全体から 1 つのアイテムに一致する選択基準を指定するときにアイテム全体に対してコマンドを実行する場合は、アイテム全体が処理されます。たとえば、ボリュームグループから 1 つまたは複数のアイテムを選択するときにボリュームグループを変更する場合、ボリュームグループ全体が選択されます。この例では、ボリュームグループ vg の一部である論理ボリューム lvol1 が選択されます。また、ボリュームグループ vg 内のすべての論理ボリュームが処理されます。
# lvs -o name,vg_name
  LV    VG    
  root  fedora
  swap  fedora
  lvol1 vg    
  lvol2 vg    
  lvol3 vg    
  lvol4 vg    
  lvol5 vg    
  lvol6 vg    
  pool  vg 

# vgchange -ay -S 'lv_name=lvol1'
  7 logical volume(s) in volume group "vg" now active
以下の例は、より複雑な選択基準ステートメントを示しています。この例では、すべての論理ボリュームのロールが作成元であり、ボリュームの名前が lvol[456] である場合、または論理ボリュームのサイズが 5 ギガバイトを超える場合、すべての論理ボリュームには mytag というタグが付けられます。
# lvchange --addtag mytag -S '(role=origin && lv_name=~lvol[456]) || lv_size > 5g'
  Logical volume "root" changed.
  Logical volume "lvol5" changed.

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。