C.5. 選択基準表示の例

このセクションでは、LVM 表示コマンドの選択基準を使用する方法を示す一連の例を提供します。このセクションの例では、選択基準が使用されていない場合に以下の出力を提供する LVM ボリュームが設定されたシステムを使用します。
# lvs -a -o+layout,role
  LV              VG Attr       LSize   Pool Origin Data%  Meta%  Layout      Role
  root            f1 -wi-ao----   9.01g                           linear      public
  swap            f1 -wi-ao---- 512.00m                           linear      public
  [lvol0_pmspare] vg ewi-------   4.00m                           linear      private,   \
                                                                              pool,spare
  lvol1           vg Vwi-a-tz--   1.00g pool        0.00          thin,sparse public
  lvol2           vg Vwi-a-tz--   1.00g pool        0.00          thin,sparse public,    \
                                                                              origin,    \
                                                                              thinorigin
  lvol3           vg Vwi---tz-k   1.00g pool lvol2                thin,sparse public,    \
                                                                              snapshot,  \
                                                                              thinsnapshot
  pool            vg twi-aotz-- 100.00m             0.00   1.07   thin,pool   private
  [pool_tdata]    vg Twi-ao---- 100.00m                           linear      private,   \
                                                                              thin,pool, \
                                                                              data
  [pool_tmeta]    vg ewi-ao----   4.00m                           linear      private,   \
                                                                              thin,pool, \
                                                                              metadata
以下のコマンドは、名前が "lvol[13]" のすべての論理ボリュームを正規表現を使用して表示します。
# lvs -a -o+layout,role -S 'lv_name=~lvol[13]'
  LV    VG   Attr       LSize Pool Origin Data%  Layout      Role                        
  lvol1 vg   Vwi-a-tz-- 1.00g pool        0.00   thin,sparse public                      
  lvol3 vg   Vwi---tz-k 1.00g pool lvol2         thin,sparse public,snapshot,thinsnapshot
以下のコマンドは、サイズが 500 メガバイトを超えるすべての論理ボリュームを表示します。
# lvs -a -o+layout,role -S 'lv_size>500m'
  LV    VG Attr       LSize   Pool Origin Data%  Layout      Role                        
  root  f1 -wi-ao----   9.01g                    linear      public                      
  swap  f1 -wi-ao---- 512.00m                    linear      public                      
  lvol1 vg Vwi-a-tz--   1.00g pool        0.00   thin,sparse public                      
  lvol2 vg Vwi-a-tz--   1.00g pool        0.00   thin,sparse public,origin,thinorigin    
  lvol3 vg Vwi---tz-k   1.00g pool lvol2         thin,sparse public,snapshot,           \
                                                             thinsnapshot
以下のコマンドは、論理ボリュームロールとして thin を含むすべての論理ボリュームを表示します (シンプールの構築で論理ボリュームが使用されたことを示しています)。この例では、表示でのサブセットを示すためにかっこ ({}) を使用します。
# lvs -a -o+layout,role -S 'lv_role={thin}'
  LV           VG   Attr       LSize   Layout     Role                      
  [pool_tdata] vg   Twi-ao---- 100.00m linear     private,thin,pool,data    
  [pool_tmeta] vg   ewi-ao----   4.00m linear     private,thin,pool,metadata
以下のコマンドは、使用可能なすべての最上位論理ボリューム (ロールが "public" の論理ボリューム) を表示します。サブセットを示すために文字列リストでかっこ ({}) を指定しない場合は、デフォルトで指定されたものと見なされます。lv_role=public を指定することは lv_role={public} を指定することと同じです。
# lvs -a -o+layout,role -S 'lv_role=public' 
  LV    VG Attr       LSize   Pool Origin Data%  Layout      Role                        
  root  f1 -wi-ao----   9.01g                    linear      public                      
  swap  f1 -wi-ao---- 512.00m                    linear      public                      
  lvol1 vg Vwi-a-tz--   1.00g pool        0.00   thin,sparse public                      
  lvol2 vg Vwi-a-tz--   1.00g pool        0.00   thin,sparse public,origin,thinorigin 
  lvol3 vg Vwi---tz-k   1.00g pool lvol2         thin,sparse public,snapshot,thinsnapshot
以下のコマンドは、シンレイアウトとともにすべての論理ボリュームを表示します。
# lvs -a -o+layout,role -S 'lv_layout={thin}'
  LV    VG Attr       LSize   Pool Origin Data% Meta% Layout      Role 
  lvol1 vg Vwi-a-tz--   1.00g pool        0.00        thin,sparse public 
  lvol2 vg Vwi-a-tz--   1.00g pool        0.00        thin,sparse public,origin,          \
                                                                  thinorigin    
  lvol3 vg Vwi---tz-k   1.00g pool lvol2              thin,sparse public,snapshot,        \
                                                                  thinsnapshot
  pool  vg twi-aotz-- 100.00m             0.00  1.07  thin,pool   private
以下のコマンドは、"sparse,thin" に完全一致するレイアウトフィールドとともにすべての論理ボリュームを表示します。一致候補を検出するには文字列リストメンバーを指定する必要がないことに注意してください。
# lvs -a -o+layout,role -S 'lv_layout=[sparse,thin]'
  LV    VG   Attr       LSize Pool Origin Data%  Layout      Role                        
  lvol1 vg   Vwi-a-tz-- 1.00g pool        0.00   thin,sparse public                      
  lvol2 vg   Vwi-a-tz-- 1.00g pool        0.00   thin,sparse public,origin,thinorigin    
  lvol3 vg   Vwi---tz-k 1.00g pool lvol2         thin,sparse public,snapshot,thinsnapshot
以下のコマンドはシンおよびスパース論理ボリュームである論理ボリュームの論理ボリューム名を表示します。選択基準に使用されるフィールドのリストは表示するフィールドのリストと同じである必要がないことに注意してください。
# lvs -a -o lv_name -S 'lv_layout=[sparse,thin]'
  LV   
  lvol1
  lvol2
  lvol3