Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.4.3.9.2. 「warn」RAID 障害ポリシー

以下の例では、raid_fault_policy フィールドは lvm.conf ファイルで warn に設定されています。RAID 論理ボリュームは、以下のように配置されます。
# lvs -a -o name,copy_percent,devices my_vg
  LV               Copy%  Devices
  my_lv            100.00 my_lv_rimage_0(0),my_lv_rimage_1(0),my_lv_rimage_2(0)
  [my_lv_rimage_0]        /dev/sdh1(1)
  [my_lv_rimage_1]        /dev/sdf1(1)
  [my_lv_rimage_2]        /dev/sdg1(1)
  [my_lv_rmeta_0]         /dev/sdh1(0)
  [my_lv_rmeta_1]         /dev/sdf1(0)
  [my_lv_rmeta_2]         /dev/sdg1(0)
/dev/sdh デバイスに障害が発生すると、システムログはエラーメッセージを表示します。ただし、この場合、LVM はイメージの 1 つを置き換えて、RAID デバイスを自動的に修復しようとはしません。したがって、デバイスに障害が発生したら、以下に示すように lvconvert コマンドの --repair 引数を使用してデバイスを置き換えることができます。
# lvconvert --repair my_vg/my_lv
  /dev/sdh1: read failed after 0 of 2048 at 250994294784: Input/output error
  /dev/sdh1: read failed after 0 of 2048 at 250994376704: Input/output error
  /dev/sdh1: read failed after 0 of 2048 at 0: Input/output error
  /dev/sdh1: read failed after 0 of 2048 at 4096: Input/output error
  Couldn't find device with uuid fbI0YO-GX7x-firU-Vy5o-vzwx-vAKZ-feRxfF.
Attempt to replace failed RAID images (requires full device resync)? [y/n]: y

# lvs -a -o name,copy_percent,devices my_vg
  Couldn't find device with uuid fbI0YO-GX7x-firU-Vy5o-vzwx-vAKZ-feRxfF.
  LV               Copy%  Devices
  my_lv             64.00 my_lv_rimage_0(0),my_lv_rimage_1(0),my_lv_rimage_2(0)
  [my_lv_rimage_0]        /dev/sde1(1)
  [my_lv_rimage_1]        /dev/sdf1(1)
  [my_lv_rimage_2]        /dev/sdg1(1)
  [my_lv_rmeta_0]         /dev/sde1(0)
  [my_lv_rmeta_1]         /dev/sdf1(0)
  [my_lv_rmeta_2]         /dev/sdg1(0)
障害が発生したデバイスを交換しても、LVM は、障害が発生したデバイスが見つけられないと示すことに注意してください。これは、障害が発生したデバイスが、RAID 論理ボリュームからは削除されても、ボリュームグループからは削除されていないためです。障害が発生したデバイスをボリュームグループから削除するには、vgreduce --removemissing VG を実行できます。
デバイス障害が一時的であったり、障害が発生したデバイスの修復が可能な場合は、lvchange コマンドの --refresh オプションを使用して、障害が発生したデバイスの復旧を開始できます。これまでは、論理ボリュームを非アクティブ化してからアクティブ化することが必要でした。
次のコマンドは、論理ボリュームを更新します。
# lvchange --refresh my_vg/my_lv