Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.4.3.12. RAID テイクオーバー (Red Hat Enterprise Linux 7.4 以降)

LVM は、Raid テイクオーバー をサポートします。これは、RAID 論理ボリュームの RAID レベルを別のレベル (たとえば RAID 5 から RAID 6) へ変えることを意味します。RAID レベルの変更は、通常、デバイスの耐障害性を増減したり、論理ボリュームのストライプ化をやり直すために行われます。RAID テイクオーバーには lvconvert を使用します。RAID テイクオーバーの詳細と、lvconvert を使用して RAID 論理ボリュームを変換する例は、man ページの lvmraid(7) を参照してください。