Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.4.3.10. RAID デバイスの交換

RAID は従来の LVM ミラーリングとは異なります。LVM ミラーリングでは、障害が発生したデバイスを削除する必要がありました。削除しないと、ミラー化論理ボリュームがハングします。RAID アレイは、障害があるデバイスがあっても稼働し続けることができます。RAID1 以外の RAID タイプでデバイスを削除すると、レベルが低い RAID に変換されます (たとえば、RAID6 から RAID5、もしくは RAID4 または RAID5 から RAID0)。したがって、障害のあるデバイスを無条件に削除するのではなく、lvconvert コマンドで --replace 引数を使用して、RAID ボリュームのデバイスを 1 回で置き換える ことができます。
lvconvert --replace の形式は、以下のとおりです。
lvconvert --replace dev_to_remove vg/lv [possible_replacements]
以下の例では、RAID1 論理ボリュームを作成した後に、そのボリューム内のデバイスを交換しています。
# lvcreate --type raid1 -m 2 -L 1G -n my_lv my_vg
  Logical volume "my_lv" created
# lvs -a -o name,copy_percent,devices my_vg
  LV               Copy%  Devices
  my_lv            100.00 my_lv_rimage_0(0),my_lv_rimage_1(0),my_lv_rimage_2(0)
  [my_lv_rimage_0]        /dev/sdb1(1)
  [my_lv_rimage_1]        /dev/sdb2(1)
  [my_lv_rimage_2]        /dev/sdc1(1)
  [my_lv_rmeta_0]         /dev/sdb1(0)
  [my_lv_rmeta_1]         /dev/sdb2(0)
  [my_lv_rmeta_2]         /dev/sdc1(0)
# lvconvert --replace /dev/sdb2 my_vg/my_lv
# lvs -a -o name,copy_percent,devices my_vg
  LV               Copy%  Devices
  my_lv             37.50 my_lv_rimage_0(0),my_lv_rimage_1(0),my_lv_rimage_2(0)
  [my_lv_rimage_0]        /dev/sdb1(1)
  [my_lv_rimage_1]        /dev/sdc2(1)
  [my_lv_rimage_2]        /dev/sdc1(1)
  [my_lv_rmeta_0]         /dev/sdb1(0)
  [my_lv_rmeta_1]         /dev/sdc2(0)
  [my_lv_rmeta_2]         /dev/sdc1(0)
以下の例では、RAID1 論理ボリュームを作成した後に、そのボリュームのデバイスを交換し、交換したデバイスに使用する物理ボリュームを指定しています。
# lvcreate --type raid1 -m 1 -L 100 -n my_lv my_vg
  Logical volume "my_lv" created
# lvs -a -o name,copy_percent,devices my_vg
  LV               Copy%  Devices
  my_lv            100.00 my_lv_rimage_0(0),my_lv_rimage_1(0)
  [my_lv_rimage_0]        /dev/sda1(1)
  [my_lv_rimage_1]        /dev/sdb1(1)
  [my_lv_rmeta_0]         /dev/sda1(0)
  [my_lv_rmeta_1]         /dev/sdb1(0)
# pvs
  PV          VG       Fmt  Attr PSize    PFree
  /dev/sda1   my_vg    lvm2 a--  1020.00m  916.00m
  /dev/sdb1   my_vg    lvm2 a--  1020.00m  916.00m
  /dev/sdc1   my_vg    lvm2 a--  1020.00m 1020.00m
  /dev/sdd1   my_vg    lvm2 a--  1020.00m 1020.00m
# lvconvert --replace /dev/sdb1 my_vg/my_lv /dev/sdd1
# lvs -a -o name,copy_percent,devices my_vg
  LV               Copy%  Devices
  my_lv             28.00 my_lv_rimage_0(0),my_lv_rimage_1(0)
  [my_lv_rimage_0]        /dev/sda1(1)
  [my_lv_rimage_1]        /dev/sdd1(1)
  [my_lv_rmeta_0]         /dev/sda1(0)
  [my_lv_rmeta_1]         /dev/sdd1(0)
一度に 2 つ以上の RAID デバイスを交換するには、以下の例のように複数の replace 引数を指定します。
# lvcreate --type raid1 -m 2 -L 100 -n my_lv my_vg
  Logical volume "my_lv" created
# lvs -a -o name,copy_percent,devices my_vg
  LV               Copy%  Devices
  my_lv            100.00 my_lv_rimage_0(0),my_lv_rimage_1(0),my_lv_rimage_2(0)
  [my_lv_rimage_0]        /dev/sda1(1)
  [my_lv_rimage_1]        /dev/sdb1(1)
  [my_lv_rimage_2]        /dev/sdc1(1)
  [my_lv_rmeta_0]         /dev/sda1(0)
  [my_lv_rmeta_1]         /dev/sdb1(0)
  [my_lv_rmeta_2]         /dev/sdc1(0)
# lvconvert --replace /dev/sdb1 --replace /dev/sdc1 my_vg/my_lv
# lvs -a -o name,copy_percent,devices my_vg
  LV               Copy%  Devices
  my_lv             60.00 my_lv_rimage_0(0),my_lv_rimage_1(0),my_lv_rimage_2(0)
  [my_lv_rimage_0]        /dev/sda1(1)
  [my_lv_rimage_1]        /dev/sdd1(1)
  [my_lv_rimage_2]        /dev/sde1(1)
  [my_lv_rmeta_0]         /dev/sda1(0)
  [my_lv_rmeta_1]         /dev/sdd1(0)
  [my_lv_rmeta_2]         /dev/sde1(0)
注記
lvconvert --replace コマンドを使用して置き換えるドライブを指定する場合は、置き換えるドライブを、アレイ内ですでに使用されている予備のドライブ領域から割り当てないようにしてください。たとえば、lv_rimage_0lv_rimage_1 は、同じ物理ボリュームに置くことができません。