Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

6.5. 紛失した物理ボリュームの入れ替え

物理ボリュームに障害が発生した場合、または交換の必要がある場合、「物理ボリュームメタデータの復元」 で説明されている物理ボリュームのメタデータを復旧するのと同じ手順に従って、既存ボリュームグループ内の紛失した物理ボリュームに置き換わる新しい物理ボリュームにラベル付けすることができます。vgdisplay コマンドの --partial 引数および --verbose 引数を指定して、削除された物理ボリュームの UUID とサイズを表示できます。同じサイズの別の物理ボリュームを置き換える場合は、pvcreate コマンドを --restorefile および --uuid 引数と共に使用して、見つからない物理ボリュームと同じ UUID で新しいデバイスを初期化できます。その後、vgcfgrestore コマンドを使用してボリュームグループのメタデータを復元します。