4.6. オンラインデータ移動

pvmove コマンドを使用すると、システムの使用中にデータを移動することができます。
pvmove コマンドは、データを分割してセクションに移動して、各セクションを移動する一時的なミラーを作成します。pvmove コマンドの操作に関する詳細は、pvmove(8) の man ページを参照してください。

注記

クラスター内で pvmove 操作を実行するためには、cmirror パッケージがインストールされており、cmirrord サービスが実行中である必要があります。
以下のコマンドは、物理ボリューム /dev/sdc1 から、ボリュームグループ内の他の空き物理ボリュームに、すべての割り当て領域を移動します。
# pvmove /dev/sdc1
以下のコマンドは、論理ボリューム MyLV のエクステントのみを移動します。
# pvmove -n MyLV /dev/sdc1
pvmove コマンドの実行には時間がかかるため、バックグラウンドでコマンドを実行して、フォアグラウンドでの進捗状況の表示を回避した方が良いでしょう。以下のコマンドは、物理ボリューム /dev/sdc1 に割り当てられているすべてのエクステントを、バックグラウンドで /dev/sdf1 に移動します。
# pvmove -b /dev/sdc1 /dev/sdf1
以下のコマンドは、5 秒間ごとに pvmove コマンドの進行状況をパーセンテージで報告します。
# pvmove -i5 /dev/sdd1