Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.4.4.2. ミラー化論理ボリュームの冗長イメージの分割

ミラー化論理ボリュームの冗長イメージを分割して、新たな論理ボリュームを形成することができます。イメージを分割するには、lvconvert コマンドの --splitmirrors 引数を使用して、分割する冗長イメージの数を指定します。コマンドの --name 引数を使用して、newly-split-off 論理ボリュームの名前を指定する必要があります。
以下のコマンドは、ミラー化論理ボリューム vg/lv から、copy という名前の新たな論理ボリュームを分割します。新しい論理ボリュームには 2 つのミラーレッグが含まれます。この例では、LVM は分割するデバイスを選択しています。
# lvconvert --splitmirrors 2 --name copy vg/lv
分割するデバイスを指定することが可能です。以下のコマンドは、ミラー化論理ボリューム vg/lv から、copy という名前の新たな論理ボリュームを分割します。新しい論理ボリュームには、/dev/sdc1/dev/sde1 のデバイスで構成される、2 つのミラーレッグが含まれます。
# lvconvert --splitmirrors 2 --name copy vg/lv /dev/sd[ce]1